仕事に専念したい男と求婚する女……二人が結婚に至る決定的な理由とは?

【相談者:30代男性】
はじめまして。私は企業に勤めるサラリーマンです。現在付き合って半年になる、20代半ばの彼女が居ます。その彼女がやたら結婚をほのめかすような発言をします。テレビを観ていても、あるタレントに対して、「この人この歳でまだ結婚してないんだ、女性は結婚は早いほうがいいよね~」などと良く呟いてます。街で子供を見かければ、「可愛い~!」とその子に近づいてまで猛烈にはしゃぎだします。明らかに私に対するアピールだと思います。

私は、去年から会社で大きなプロジェクトを任されており、このプロジェクトが成功したら更に出世が見込めるという段階まできています。プロジェクトが成功して結果を残せば、自分の夢でもある海外勤務も、現実になる可能性もかなり高いです。彼女と付き合いだした頃には既にプロジェクトは動き出していたので、その旨も伝えてありますし、彼女はそれでもいいと言ってくれました。応援すると言ってくれたのです。彼女はある企業で事務職をしています。

しかし最近は、将来はやっぱり一戸建てがいいよねなど言われます。そしてなんと、「住むなら私の実家の近くに住みたいなぁ」とも言い出しています。その発言に対して、私が、「俺の仕事の事情知っているよね? 今すぐは無理だよ」と言っても、「なによ、ただの独り言じゃないの」と少し機嫌が悪くなります。

彼女が私と結婚したいのはわかります。私も結婚するなら彼女だろうとも思っています。ですが、今は仕事に専念したいし、キャリアップは私自身の人生の目標と、働く上での最大の意味だとも思っています。今は私の仕事の面も含め、支えて力になりたいという彼女の要望から同棲もしています。会えない時間が極端に少ないというわけでもなく、愛情表現もかなりしているほうだと思います。

ですが、今の状態が続くのであれば、彼女に対する気持ちも無くなっていきそうな気がします。もうすぐ彼女の誕生日です。何か期待をしていると思います。私はどうしたらいいでしょうか? 長文になってしまいましたが、宜しくお願いします。

qa_a 双方の思いがすれ違い過ぎです。どちらも“察してちゃん”は卒業しましょう。

こんにちは、ライターの貴千尋です。相談ありがとうございます。

今回の相談内容、実は“彼氏がなかなか結婚してくれない”という女性側の相談が多い中、男性からの悩み相談というのは新鮮でした。相談者さんはそれだけ真剣に悩んでいるのでしょうね。

まず、彼女は明らかに相談者さんと結婚したがっています。最初はいつ結婚できるかわからない、もしかしたら相談者さんが海外に勤務する可能性があることも、「それでもいい」とは言ったものの、付き合い始めていく中で気持ちの変化があったのではないでしょうか? 彼女の言動からそのような心理が伺えますね。

130716higa

日本と海外を行き来し、日本に滞在するのは約半年という、バイヤーのK氏に話を聞くことができました。彼は既婚者ではありますが、奥様はK氏の不規則なビジネスフットワークについても、特に不満も言わないそうです。彼自身、既婚者という雰囲気は微塵も感じさせないぐらい、仕事そして人生を謳歌しています。そんな彼が何故結婚を決意したのか?

当時、彼女だった奥様から求婚されたそうです。その時K氏は、人生を共にしてもいいと想う人から、真剣に気持ちを伝えられたことに、気持ちが動いたとのこと。けれど、自分の仕事のことも理解してくれなければ、断って諦めようとも考えていたそうです。

しかし奥様から言われたことは、「あなたと結婚したら、2人の時間も1人の時間も程良くあって、末永く楽しそうだから」という言葉でした。これにはK氏も、1本取られたと感じたそうです。そして、無性に奥様と結婚したい気持ちが高まったとか。

このK氏夫妻は、とても素敵な夫婦です。奥様の、自身の結婚したいという夢を叶えたことに関して、相手の全てを受け入れているかのように見せつつも、自分も自身の人生をしっかり楽しもうという自立心が感じられます。

K氏曰く、「結婚というのはおんぶに抱っこではない。お互い自立した2人が、支え合って絆を深めながら、お互いの人生に幸せを与え感じあうものだと思っている」とのことです。

上記の取材も含め、相談者さんの彼女はどこか相談者さんに依存している部分はありませんか? 相談者さんの仕事の都合や事情を本当に理解しているのであれば、相談内容のような言動はきっとしないと思います。少し相談者さんにプレッシャーを与えようとか、彼女さんの気持ちを察してほしいがための、身勝手な言動のようにも考えられます。

相談者さんと彼女の会話の中で、1番多い話題はなんでしょうか? 彼女が本当に現在の相談者さんの仕事の事情を理解しているのであれば、いずれは自分も海外に暮らす可能性もあると少しは考えてもいいものですから、必然的に今の相談者さんの仕事の話題には興味を持って聞くはずです。今一度振り返ってみてもいいのではないでしょうか?

そして彼女の誕生日は、相談者さん自身が思っていることを整理し、伝えお祝いしましょう。「プロポーズをしなければいけないのか?」なんて思ってはいけません。その感情自体が2人の関係を悪化させます。もっと物事を楽観的に捉えてもいいと思いますよ。

人は自立して初めて、“人を支える”ということができると思います。仕事も含め、相談者さんの良い結果を楽しみしています。

●ライター/貴千尋(恋愛観察専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする