すぐにキレる彼氏との上手な付き合い方

【相談者:20代女性】
付き合って4年になる彼がいます。私は、彼の男気のあるところが大好きなのですが、反面、気が短いところがあり困っています。デートをしていても、お店のスタッフの態度が悪いと、周りを気にせず大きな声で文句をいうし、私と一緒にいてもイライラしていることが多くて。気に入らないことがあるたびにいちいちキレられては、疲れてしまいます。

いつもキレているタイプの男性と上手に付き合う方法があれば、教えていただきたいです。よろしくお願いします。

qa_a いつもキレる彼も、たまに会うようにすれば「たまにキレる彼」に(笑)

こんにちは。カルチャー専門家のみわあやのです。

男らしいようでも、裏を返せば短気な男性というのは、少なくないですよね。まるでフィラメント電球みたいにすぐ切れちゃう。どうでもいいことでいちいち怒って、それを指摘するとまた逆ギレ。面倒くさいことこの上ないですね。

彼があなたの言動に対して怒ったのだとすれば、あなたにも原因があったのかもしれません。でも、周りに対してもすぐにキレるということならば、もう、「そういう性格のひと」だということでしょう。どちらにしても、彼との関係を見直すためには、まずあなたが冷静に考える時間が必要ですね。

関係を見直したい相手と「物理的にも、精神的にも、距離を置く」というのは、心理学的にも有効とされている方法。

あなたが彼の言動によって、「ちょっと疲れちゃったな」と感じているのならば、彼との付き合いに少し距離を置いてみては? そして、冷静になって、自分はどうあるべきか、どうありたいのかを考えてみましょう。

130705miwa

人と人との間には、ほどよい間合い(まあい)が必要

「阿吽(あうん)」ということばをご存じでしょうか。よく息の合ったふたりの様子を、「阿吽の呼吸」なんていいますよね。

仏教の礼拝用言語である「梵語(サンスクリット語)」の文字、「梵字」では、最初が「阿(a)」終わりの文字が「吽(hum)」となります。

禅語では、すべてのものごとの始まりから、終わりまでの呼吸を「阿吽」と表します。他人どうしなのに、こころがぴたりと合う、「相手のことを尊重していなければできない呼吸」という意味も含んでいる、シンプルでありながら深ーいことばなんです。

相手に恋すれば恋するほど、ふたりの間に「執着」が生まれます。パートナーのことが大好きなばっかりに、自分を認めてほしいという欲求が高まっていくんですね。ふたりの距離が近すぎれば遠慮がなくなり、相手に対してもわがままになりがちに。思い通りにならない相手にイライラしたり、分かり合えないことを悲しんだり。

「阿吽」ということばが教えてくれるのは、人間どうしが仲良くつきあっていくための2つの約束です。

(1)「執着」「不満」「相手の良いところ、悪いところ」ふたりの間にあるすべての思いを捨て、邪魔なものが一切無い、まっさらなこころで向き合うこと。
(2)相手とこころを合わせることで、相手との関係に調和が生まれ、理屈の必要ない、すっきりした関係が生まれる。

ケンカばかりだけど息のぴったりな熟年夫婦。すぐに「バカヤロー」なんていう旦那さんを、「はいはい」と軽くあしらう奥さん。みんな、長い付き合いの中でお互いに「心地の良い間合い」を身につけてきたのでしょうね。

ふたりの間に、ちょうどよい距離感があることで、冷静になって自分のこころをみつめる余裕ができます。そうやって、少しずつ少しずつ、「阿吽」な関係になるんですね。


まずは、お互いに自分をみつめる時間を作り、そして、「ふたりだけのちょうどよい距離」をみつけられるといいですね。

●ライター/みわあやの(カルチャー専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (2)
  • うーん (1)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする