地雷を踏むな! ビミョーな関係の男女が陥りがちな罠

【相談者:30代男性】
初めまして、相談します。僕には去年の秋頃に飲み会で出会った女性が居ます。何回か遊んだりしていくうちに、何度目かのデートで勢いもあり体の関係を持ってしまいました。その後から、お互いそのことには触れず、そのままダラダラとした関係が続いています。文章にするのが難しいので、ここでは敢えて彼女と表現します。

相談なのですが、この間初めて彼女と喧嘩というか言い合いをしました。というのも、私がコンパに参加した話を何気なくした時、彼女の方から、「あなたにとっては、私ってそういう話を堂々とできる存在なのね」と言われ、カチンと来て、「だって別に付き合ってるわけでもないのに? 束縛?」と思わず言ってしまいました。彼女は、「自分は良くて私はダメなの?」と冷静に言ったんです。というのも、以前、彼女が会社の上司に告白されたんだという会話で不機嫌になった僕は、「そういう話題って雰囲気つまんなくなるからやめて」と言ったのを思い出しました。

それから、彼女からの連絡はありません。一緒に居るとすごく楽だし、相性はいいと思ってます。でも、今更関係をはっきりさせるというのにも気が向きません。ワガママなのはわかっていますが、今後、僕は彼女に対してどういう態度を取ればいいのでしょうか? よろしくお願いします。

a 自分のことだけでなく、人と向き合う“恋愛”をしてみてください。

こんにちは、ライターの貴千尋です。相談ありがとうございます。

相談者さん、なかなかのプレイボーイだと拝見しました。今までも引く手数多で、“恋愛”というもので悩んだり苦労したりしたことは少なかったと思います。モテる男は辛いですね。

今回の内容なのですが、見る視点が2つあります。彼女との関係性を明確にすることに関しては、今回特に注目しなくてOKです。1つは彼女の言う、「自分は良くて、相手はダメ」という問題と、相談者さん自身が、「他人と親密に関わることに少し腰を重たくしている」という問題です。

130702tihiro

筆者の友人、自称プレイボーイに意見を聞いてみました。

彼女は、特に相談者さんと付き合いたいというわけでもなく、ものすごく自分を持ったしっかりとした女性だと感じたそうです。相談者さんとの関係も、最初は自分も楽しむつもりで続けていたと思います。『別に相談者さんに嫌われたくないからという理由で関係性を明確にしなかったわけでもなく、彼女自身ドライにいこうとしていたのかも?』という意見でした。

ただ、この手の女性はプライドが高い女性が結構多いです。相談者さんがコンパの話をした際に、その彼女を軽んじた態度が彼女にとっては、このドライな関係を続ける“メリット”がもうどこにもないと感じたのではないかとのこと。

男女の関係には、様々な形があります。なにも“彼氏彼女”という枠に収まらない関係性の方が世の中には多く存在するでしょう。しかし、その関係性で共通しているのは、その状況をお互い受け入れ、互いにメリットを感じ、それを承諾した上で続く関係性だと思います。どちらかが負担になったり、我慢を強いられるのはフェアではありません。メリットを感じられなければ、その関係性を続ける意味も目的もなにもありませんよ。

それともう1つ、相談内容から相談者さんがあまり他人とキチンと向き合わない姿勢が感じ取れます。この問題をキチンと認識していなければ、相手が今回の彼女じゃなくても同じ壁にぶち当たると思います。

他人を寄せ付けない人の心理とは

人間の心理として、自分のテリトリーに他人を寄せつけない人の多くは、“自分の本質を知られ、そして批判されたくない”と強く思っている人が多いです。

なぜ、そこまで批判されることに強く警戒心を抱いてしまうのか? それは無意識に自分自身を卑下し、コンプレックスを感じる自意識過剰性が働いているからです。昔からモテた相談者さんは、声をかけてくる女性もきっと多かったことでしょう。しかしその彼女たちは、自分のどこを好んで言い寄ってきているのか? 本当の自分をどこまで理解しているのか? と自問自答したこともあるのではないでしょうか?

彼女に、もっと相談者さんのことを教えてあげましょう。弱みも強みも、弱みを隠そうとする人間臭いところも話してみましょうよ。彼女とは、もう以前のような関係性は取り戻せないと思っていいでしょう。どうせなら今度は違う自分、というか本当の相談者さんを見せて、彼女もしくはこれから恋愛していく相手と、キチンと向き合える素敵な男性になってほしいと思います。

●ライター/貴千尋(恋愛観察専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (2)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする