Web婚活で結婚を勝ち取るプロフィール文章の書き方

【相談者:30代女性】
コースケさん、こんにちは。現在、婚活中の30代女性です。結婚相談所の登録も考えているのですが、現在のところは、インターネットを使ったWeb婚活をしています。婚活歴はもうすぐ2年が経ちますが、なかなかこれだという人に会えません。

もし、Web婚活の秘訣などあれば教えてください。また、結婚相談所に入るメリットなどもあれば教えてください。

a Web婚活でのキーポイントは見える化!!

ご質問ありがとうございます。モデル&トータルコーディネーターの中村康介です。

今回は、前回『Web婚活で結婚を勝ち取るプロフィール写真とは?』の続き。前回は、Web婚活でのキーポイントは見える化! というコトで、プロフィール写真は明るい未来を見える化するコトが大切です、というお話でした。

今回はもう一つの大切な要素、プロフィール内容の見える化についてお話します。

130621nakamura

みんな書いてる!「趣味:音楽鑑賞、映画鑑賞」

履歴書やプロフィールには、必ずこの欄があります。「趣味」に「特技」。ボクも履歴書などを書く時には、「趣味・特技」なのか、「趣味」と「特技」を別で書かないといけないのかで地味に悩みました。だいたい、「趣味」が高じて「特技」になったりしてるワケだし、何をもって「特技」と言えるのか、なんて悩み出すとキリがありません。

ボクの場合、資格を有するモノは「特技」に入れ、資格はないけど好きなモノは「趣味」に入れたりしてます。

悩み出すとなかなか厄介な、この「趣味・特技」の欄ですが、総務省の調べによると、もっともメジャーな趣味は「音楽鑑賞」で、その割合は47.5%、ほぼ2人に1人が音楽鑑賞を趣味として認識しているようです。そして、次に多いのが「映画鑑賞」だそうです。

これをそのままプロフィールの「趣味・特技」の欄に書いたとしましょう。何百人、何千人、何万人といるWeb婚活者のプロフィールの2人に1人は書いている趣味。これでは全く印象に残りません。そしてまた、ただ「音楽鑑賞」「映画鑑賞」と書いたのでは枠が広すぎて、具体的にお相手にイメージしてもらうコトが出来ません。

ではどうすれば、この「音楽鑑賞」「映画鑑賞」を印象に残すコトが出来るか?

そうです!「見える化」です。

プロフィールの見える化!

相手に具体的にイメージしてもらえるようにプロフィールを「見える化」するとは、どういうことか?

例えば、「音楽鑑賞」と言われても実際にどんな音楽が好きなのか、どの程度好きなのか、全く想像出来ません。しかし、これを以下のように変えたらいかがでしょう?

【Before】
「音楽鑑賞」

【After】
「学生時代、吹奏楽部だったこともあり、趣味はクラシック音楽鑑賞☆ 月に1回程度ですがコンサートにも行きます!」

趣味「音楽鑑賞」とだけ書かれているよりも、具体的にお相手をイメージすることが出来ると思いませんか?

同じように、「映画鑑賞」であれば、どんなジャンルの映画が、どの程度好きなのかを伝えることで、お相手からあなたの人柄が見えて来ます。

【Before】
「映画鑑賞」

【After】
「映画鑑賞(コメディ映画が好きです!)。三谷幸喜作品は全て見ました♥」

他にも趣味「食べ歩き」の方は、

【Before】
「食べ歩き」

【After】
「山手線スイーツ食べ歩き☆都内イチ美味しい隠れた名店! 教えちゃいます♥」

というように書くことで、顔の見えていない状態でも、お相手のWeb婚活者にあなたの人となりが見えるようになってきます。これが、Web婚活におけるプロフィールの見える化です!

皆様も幸せなWeb婚活のために是非活用してみて下さい☆

次回は、結婚相談所に入るメリットについてお話致します。

【関連コラム】
Web婚活で結婚を勝ち取るプロフィール写真の撮り方

●ライター/中村康介(トータルコーディネート専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする