マンネリを乗り越えカップルの絆を深めていく方法7つ【前編】

【相談者:10代女性】
付き合って半年になります。ずっと彼のことが大好きでしたが、彼も私が好きだったようで、彼から告白してくれて付き合うようになりました。最初はとっても楽しかったのですが、付き合って3か月になった頃から、うまくいかなくなってきました。

例えば、「こうしてほしい」とお願いしたことを聞き入れてくれなくなりました。好きだったら聞き入れてくれるものじゃないのでしょうか? 私は彼が、「こうしてほしい」と言ったことは聞きいれています。他にも付き合い始めは、毎日のように電話で2時間くらい話したり、デートもしゃべりっぱなしでしたが、最近はあまり話すこともなくなってきました。

でも、彼のことは大好きなので付き合っていきたいと思っています。どうしたら付き合った当時のようにラブラブな関係に戻れますか?


相談ありがとうございます。しあわせ体質専門の恋愛作家片瀬萩乃です。

付き合っていた当時は、毎日がハッピーだったと思います。それはまさに、生活に新鮮な空気が入ってきたからこそなんです。まさに、刺激的な毎日です。しかし、付き合いが長くなると、その刺激も当たり前になってきてしまいます。でも、それは誰もが通ることです。だからと言って、付き合った当時のような関係に戻るというのは難しいです。

今回は、2回にわけて二人の絆を深めるために大切なポイントをお話しします。

130620katase

(1)一人一人考えは違って当然! を理解する

あなたにはあなたの考えがある。しかし、彼には彼の考えがある。それを根底に持っていなければ、付き合いを長く続けることは出来ません。

付き合った当初、あなたの気持ちに応えてくれていたようですが、それは当然のことでもあります。と言うのも、愛されている確証が持てないときは相手の気持ちに出来るだけ応えてしまいます。自分の意思を出してきたというのは、お互いの気持ちに自信を持ち、「愛されている」と実感できたからこそです。

長く続けるために大切なことは、どちらかが都合のいい環境を作ることではなく、お互いが心地いい環境を作ることです。ですから、違うことをきちんと理解していくことは大切ですよ。

(2)沈黙こそが恋愛コミュニケーションの醍醐味

会話がなくなってくる。これは決してマイナスではありません。むしろ、沈黙の時間も楽しめる二人になってきていると言う証でもあるんですよ。

これから先もながく関係を続けたいと願うのであれば、沈黙している時間も幸せを感じられることが大切です。

(3)喧嘩はナマモノと同じ

付き合っていくと、気持ちと気持ちがぶつかってしまうことがあります。気持ちがぶつかった時に言うか言わないかが問題ではありません。それ以上に、伝えたいのなら、その場で伝える!

あとから、「前だって本当は嫌だったんだから!」と言われても、相手にすれば、「だったらそのときに言えばいい」と思われますし、終わったことをネチネチ出してくる女と言う印象しか残りません。

言わないのなら、きちんと自分で消化する。もやもやするなら、その場で伝えることが、長く続く二人にとって大切なことです。


残りの4つは、次回お話しします。

せっかく好き同士で付き合ったのですから、いつまでも好き同士の関係でいたいものです。だからこそ、自分だけの考えでは付き合いなんて続けられませんよね。

【関連リンク】
マンネリを乗り越えカップルの絆を深めていく方法7つ【後編】

●ライター/片瀬萩乃(しあわせ体質専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (1)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする