若いママになりたい! 10代で妊娠・出産するリスク3つ

【相談者:10代女性】
去年中学を卒業した専門学校生です。勉強はキライだしやめたい! 今すぐにでも、彼氏と結婚して若いママになるのが夢です。彼氏はタメで、今は無理って言われました。子どもをつくって強行突破しようかと考えています。

qa_a 今は未来の赤ちゃんのために、どんな大人になりたいか考えるとき。

ご相談ありがとうございます。恋活専門家のかぎあなです。

相談者さまもご存知の通り、10代で無事出産し、幸せな家庭を築いている人はいるでしょう。しかし10代で出産し、ママになることのリスクは医学的な面から無視できません。10代の妊娠・出産と、子育て、ウィキペディアで調べてみました。

130619kagiana

10代で妊娠・出産するリスク

10代は心身ともに「まだ大人になれていないとき」です。

リスク1:ホルモンバランスが整っていない

10代では、まだホルモンバランスが整っていないといわれています。そのため、母体としての準備が不十分。赤ちゃんの発育・母体への負担のどちらの面から見ても、リスクが心配されています。

リスク2:骨盤の発達が不十分

骨盤の発達が不十分だということは、出産時の母体・赤ちゃんに及ぼすリスクが高まることを意味します。そのため、帝王切開(お腹を切って赤ちゃんを産む方法)で出産することが多いのだそうです。

リスク3:心の未発達

「今は無理」という彼には、少なくともパパになる心の準備は整っていません。「子どもが欲しい」と本気で思った大人たちですら、育ててみたら「思ったよりも大変だった」と挫折する人がいるくらい……育ててみないとわからない大変さがあるということです。せめて、ふたりが心から望むタイミングを待つべきではないでしょうか。


相談内容についてわたしなりに答えますね。

「勉強はキライだしやめたい!」

勉強がキライなのは仕方がない。しかし、逃げるのはやめませんか。子どもがいつか「キライなこと」にぶつかったとき、できれば逃げる以外の選択肢も教えてあげるには、あなたがそういう生き方をすべきです。

「若いママになるのが夢なんです」

「若いママ」以外に、「なりたいママ像」を見つけましょう。若さはいつかなくなります。そのときもどうか魅力的なママでいてください。

「子どもをつくって強行突破しようか」

ドラマの見すぎです。ママも結婚生活も、始めること以上に続けることが難しいから、みんな悩みが絶えないのです。

ママになる日のために今すべきこと

未来の赤ちゃんにはどんなふうに育ってほしいですか? そのために、あなたはどんなママになりたいですか?

赤ちゃんにとって、あなたはたったひとりのママ。いつかママになる日のために、今すべきことがまだあるのではないでしょうか。

●ライター/かぎあな(恋活専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (5)
  • うーん (1)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする