機能不全家族で育ったアダルトチルドレンの彼女との付き合い方

【相談者:20代男性】
僕の彼女は機能不全家族で育ちました。そのせいか、「生きてる意味がない」「うちのことは嫌い」と言います。一緒にいる時に急に気分が落ち込んで意識の不調が出て、一定時間経つと意識が元の状態に戻ると彼女は言います。スマホで調べると自己誘発性催眠という単語も出てきたりしました。

自己肯定感を何とかする為に、長所は褒めます。好きな気持ちがあるから愛情表現もします。でも、彼女に変化は見られません。人格障害(診断基準を満たしてました)も疑ったので、線引きもしっかりしているつもりです。入り込みすぎない、入り込ませすぎないことを意識しています。僕は彼女にどういう関わりをすべきか、また彼女にどういうアドバイスをすべきか、教えてください。

qa_a 褒めるより、具体的な感謝の気持ちを伝えましょう。

こんにちは。心理食育インストラクターのSAYURIです。

ご質問ありがとうございます。構成上、ご質問文を若干要約させて頂きましたが、お気持ちだけはしっかりと受け止めさせて頂きました。

130618sayuri

最初に、『機能不全家族』と 『AC(アダルトチルドレン)』について簡単に説明させて頂きます。 

現在日本では、機能不全家族(家族の誰かがアルコール依存症を始めとするギャンブル・買い物等の依存症、肉体的精神的虐待、育児放棄、共依存症など)の数は増加の一方をたどっていて、そういった家庭で育った子供達は『AC(アダルトチルドレン)』と呼ばれていますが、AC自体は病名ではなく心に傷を負って育った子供達を指します。

『AC(アダルトチルドレン)』のタイプ5つ

・HERO(ヒーロー = 家族の期待を一身に背負ったタイプ)
・SCAPEGOAT(身代わり = 家族の問題を行動化するタイプ)
・LOST CHILD(いなくなった子 = 存在しないふりをして生きのびたタイプ)
・CLOWN(道化師 = おどけた仮面を被って不安を隠してきたタイプ)
・CARETAKER(世話役 = 親や周囲の面倒を見てきたタイプ)

ACには上記のように5つのタイプがあるといわれ、これはいくつかのタイプを重ね持つ事も多いのですが、ご質問文から私が推測するところ、彼女は『SCAPGOAST』と『LOST CHILD』の傾向が強いのではないでしょうか。どちらも自己否定感が強く、周りの人に褒められてもそれをなかなか受け入れようとはしない事が多く見られます。

男性の貴方はもしかしたら、「僕が上手くリードしたり、フォローしてあげなくては!」という気持ちが強く、一生懸命彼女に自己肯定感を持ってもらおうと褒めてあげたりしていませんか? 「時には」貴方自身ももう少し肩の力を抜いて、敢えて彼女に何かお願い事をして、「君が○○をしてくれたから、僕はこんな事が助かったよ。ありがとう」等と、時には彼女に頼ってみてそこで目いっぱい彼女に感謝の気持ちを伝えてあげて下さい。

これはACに限らず、人はたくさん「ありがとう」と言われると、そこに自分の存在価値ややりがいを感じるものです。しかし、これも度を越すと共依存症のリスクがあるので、「時には」に留めるように注意して下さいね。

たくさん話を聴いてあげましょう

彼女はなかなか本音を話してくれないのではないでしょうか? 話していても、「それ本心?」と疑いたくなったり、不安を感じたりすることはありませんか?

もしそうであっても、彼女が話したいように話させてあげて話を聴いてあげましょう。ここは、敢えて「聴く」を強調させて下さいね。「聴く」は十四の心を耳に添えた漢字です。貴女がきちんと心を持って彼女の話に耳を傾け続ける事が出来れば、少しずつ少しずつ彼女の心の傷も癒えてくると思いますよ。

素人判断は危険! 専門医に相談を

彼女の場合は単にACということだけでなく、自己誘発性催眠や人格障害もあるのでは? とご不安のようですが、そこは素人判断は危険です。線引きしているとはいえ、恋人同士としての信頼関係があるのなら貴方が付き添ってあげて、是非専門医の診断を受けて下さい。

ネットで何でもすぐ検索出来る今、体の不調も心の不調もすぐ自分で調べる事が出来るのは便利な事ではありますが、その結果を信じ、「こうなんだ!」と思い込むほど危険な事はありません。彼女と末永くお付き合いを続けるつもりであれば、その気持ちを素直に伝え、より良い今後の為にきちんと専門医の診断・治療を受ける事をお勧めします。


今回は短いご質問文の中から私が推測可能な範囲でお答えしましたが、彼女との結婚までも考えているようなら、お二人とも十分なカウンセリングを受けられる事をお勧めします。カウンセリングは、時にはお薬よりも大きな変化をもたらしてくれます。

様々な問題があってもお互いの心に寄り添いあえる様な、素敵なカップルになって下さいね。

【関連リンク】
アダルトチルドレン同士の恋愛が引き起こす「恋愛依存症」の実態とは?

●ライター/SAYURI(生活心理専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (8)
  • うーん (6)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする