男性が女性に対して偉そうに接したがる心理学的理由

【相談者:20代女性】
ミクノさん、こんにちは。私の彼は何かにつけ、私に対して偉そうにします。普段のものの言い方もそうですし、ベッドの上でもわりと征服欲に燃えている態度をとりたがります。それがイヤではないのですが(イヤであれば別れてます)、なぜ男性は女性に対して偉そうに接するのでしょうか

a「全知全能」の母親から逃れるために偉そうにしています。

こんにちは。なかなかいい質問ですね。

カップルの間に限って、男性は女性に対して「偉そう」というだけではなく、たとえば夜のお店に取材に行っても、「偉そうな」男性客をよく目にします。

これに関しては、フロイトという心理学者がなかなか筋のとおった説明をしていますので、今回は心理学に学んでみたいと思います。

130614mikuno

最初に接する異性は母親である

フロイトの理論はわりと簡単で、男性にとって最初に接する異性は母親である。子どもとは無能無力な存在であり、母親のことを「全知全能」の存在であると見る(と、フロイトさんは言っています)。

ゆえに、男の子は大きくなったときに、常にあらゆる女性に「母親」を見ている(という理論になっている)。つまり、恐怖心を抱いてしまう「全知全能」の母親なるものから逃れる方法を、男性は常に探している。

平たく言えば、男性は母親のような、「強くて」「賢くて」「じぶんより偉い」女性に対してまったくもって無力であり、逆に偉そうにさせてくれる女性に対して心を開き、常に偉そうにしたい生きものである。

……と、心理学的にはこういう風に言われています。

恋愛の「基礎」なのかもしれません

この説は、フロイトのほかに、J・シャスギュエ=スミルゲルや、D・ディナースタインなども主張しており、要するに、「母親の恐怖から逃れるために、男性は女性を自分より弱い存在にさせたがる=女性の前で偉そうにしたがる」ということです。

でもまあ、考えてみたら、非常に偉い心理学者の論理だからと言うよりも、日常生活レベルで非常に的を得ている理論だと思いますよね。

オトコ、どこに行っても、わりと女性より偉そうにしています。逆に、コミュニケーションがうまい男性は(モテるコツを熟知している男性は)、女性に対して「負けたふり」をします。男性のモテテクを取材すると必ず出てくるテクニックは、「負けたふり」です。女性を上位の立場として(母親のような立場として)祭り上げつつ、女性の満足感を得るということです。

こうやって考えると、女性とは生まれつき全知全能の神のようなもので、それにあらがっている(無謀な抵抗を日々試みている)のが男性であると言えるのかもしれません。

あなたの彼氏さんは、あなたに「無謀な抵抗をしたいと思っている」から、あなたに対して偉そうだと、今回はこういう結論です。

●ライター/ミクノトモ(コミュニケーションデザイン専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (2)
  • うーん (1)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする