スゴ腕女社長に聞いてみた! 恋も仕事もうまくいく女性の思考

【相談者:30代女性】
世の中には仕事もうまくいっていて、愛されている女性がいますね。そんな欲しいものを何でも手に入れる女性と、そうじゃない普通の女性の違いを知りたいのです。目標を叶えちゃう人は、普通の人となにが違うのでしょうか

qa_a 「欲しい」という思いが原動力。

こんにちは。ライターの菊乃です。私もそんな女性の思考を知りたいです。

「スゴイ女性社長がいるよ」と紹介されて、株式会社グローイング・トゥリーズの柾木史子社長にお話を聞いてきました。

柾木さんは、「世界で通用するコミュニケーション能力を持った日本人を育てたい」という思いで、幼児英会話教室・児童英会話スクールを3校経営。大手商社を辞めて主夫として柾木社長のサポートしてくれるご主人と、3人のお子さんがいらっしゃいます。

130613kikuno

— どうしたら仕事と恋愛がうまくいきますか?

「これが欲しい」と思ったら、それをどうやったら手に入れられるかだけを考えます。

予算がないからその範囲でどうやって手に入れようとか、遠慮や制限をつけて考えるクセがある方は多いようですね。制限をつけない目標だからこそ、原動力になると思うのです。

子どものときに、父から、「子どものクセに遠慮はしちゃいけない」と教わりました。なんでも、「ありがとう」と感謝して受け取るようにと言われたのです。

— 欲しいと強く思えるのはどうしてでしょうか?

「欲しい」っていう思いも2種類あると思うのです。

(1)誰も応援しない「欲しい」

他の女友達に自慢したいから付き合う男性。夫に買ってもらったと自慢したいから持つブランドバッグ。人気ナンバー1だから欲しいコスメ。このように、他の人に自分を認めさせたくて「欲しい」と思うモノ・コトは応援もされないです。この「欲しい」は強く求めません。

(2)周りが応援する「欲しい」

人に貢献できることであれば、強く「欲しい」と思っても周りが応援してくれます。これから、教室の下をオーガニックの食材を使ったカフェにする予定です。最近、アレルギーの子どもが増えているのも食事に原因があるといわれています。その為に本当にいいものを集めていけば、お金はあとでついてくると思いますよ。後者の周りが応援してくれる「欲しい」は天命。


取材を終えて、理想に対しての思いが純粋だと感じました。うっかり、「私ならこの程度ならできるかな」と制限を付けて計算高くなりがち。仕事や恋愛に参考にして欲しいと思います。

●ライター/菊乃(彼氏づくり専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (2)
  • うーん (1)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする