高校生の恋。片想い中の後輩女子との距離を縮める3ステップ

【相談者:10代男性】
こんにちは。僕は高校3年の受験生です。僕には好きな子がいて、その子は1学年下です。3か月ほど前、友達を通してではありますがメールアドレスをもらい、その後はLINEにきりかえました。

彼女が所属している部活は、学校一忙しい運動部です。僕も中学の時までそのスポーツをやっていたのでわかりますが、運動量も半端じゃありません。そんな中、僕のLINEの相手をしてくれます。でも、それは僕が先輩だからであって、全く脈はないと思います。一学年下なので学校でもあまり会えません。こんな前提ですが、僕は本気です。

そこで質問なのですが、これからどのように距離を縮めていくべきか、デートに誘う時の工夫(相手はあまり休みがないのですが……)、注意点などがあれば、教えてください。


ご相談ありがとうございます。しあわせ体質専門の恋愛作家片瀬です。

忙しい部活に入っていると、休みもほとんどありませんよね。部活の後も疲れているため、部活の後に遊ぼう! と言うのも、あなた自身やっていた経験がある分、なかなか誘うことも出来ないのではないでしょうか。とっても優しく気遣いのできる人ですね、素敵です!

今回は、片想いの彼女との距離を縮める3ステップをお話しします。

130606katase

(1)質より量で印象付ける!

1週間に1度の1時間の電話より、1日10分の電話を1週間続ける方が、相手への印象を植え付けるのにはうってつけです。

実際、心理学の実験でもあったのですが、1度で長くより、短時間でも毎日のほうが相手との距離が縮まるそうです。これは、学校でクラスの友達や部活の人に恋することが多いのも、それだけ毎日一緒にいるからこそです。

ですから、せっかくLINEでのやり取りが出来る関係なのなら、彼女が部活で大変だからダラダラとやり取りをするのではなく、短い間で毎日やり取りするように心がけてみてください。もちろん、ねぎらう気持ちは忘れずに!

(2)デートはデートと言わず!

デートするときは、彼女が行ってみたいスイーツのお店等があれば、そこに誘ってみてください。ただその場合、「今度、デートしようよ」なんて言葉ではなく、「前、○○さんが言ってた、あのお店に俺も行ってみたいんだけど、男友達と行くのも気が引けちゃって……一緒に食べにいかない?」というように、ついてきてもらうようにお願いしたり、「遊園地好きだったよね? 今度○○さんも知ってる△△達と行こうって言ってるんだけど、一緒にどう?」と、デートを無理に強調せずに誘ってみてください。

女の子は、まだ相手に恋愛感情を抱いていない相手の場合、デートを意識させると警戒してしまうので、デートを意識させずに誘うことが大切です。

(3)会話は共感する!

女の子の会話の8割は、気持ちの共感で出来ています。女の子同士の会話を聞いてみてください。その多くは、「解る~!」「あるある!」「そうだよね~私もさ……」といった具合で、会話の大半は共感のやりとり。実は、モテる男子もこの共感をきちんと会話の中に取り入れていることが多いのです。

ですから、女の子との距離を縮めるときは共感することが大切。もちろん、心にもないことを嘘つく必要はないですが、相手の気持ちを汲み取る気遣いをもってみてください。


脈があるかどうか、自分の中で無理に確定させる必要なんてありません。もっとも大切なことは、あなたが相手をどう思っているか。それだけです。

せっかく、「本気です!」と思えるくらい好きな相手を見つけられたのですから、脈があるかどうかなんて気にせず、相手との時間を楽しんでくださいね!

●ライター/片瀬萩乃(しあわせ体質専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (38)
  • うーん (29)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする