お世辞に聞こえない女性の褒め方3つ

【相談者:30代男性】
女性社員に人気の同僚が職場にいます。よく女性を褒めているのですが、僕が言ったらセクハラと言われそうなことでも、彼が言うと喜ばれます。その違いはなんでしょうか? 外見も仕事内容も、大きな差はないと思うのですが。

a ×「頑張っているよね」→ 〇「助かるよ」に変える。

こんにちは。彼氏づくり専門家の菊乃です。

いまは女性に、「カワイイね」といっても相手が不快に思ったらセクハラといわれる時代です。とはいえ、褒めることはコミュニケーションにおいて必要なこと。

職場での褒め方について、承認アドバイザーでビジネスマン向け研修をおこなっている吉田幸弘さんに教えていただきました。

褒めることが苦手なビジネスマンの特徴

・お世辞と勘違いされて相手に不快に思われるのが心配
・相手が調子に乗りすぎてしまうのではないかと心配
・褒めることに慣れていない

130530kikuno

お世辞に聞こえない褒め方3つ

(1)大前提は具体的な事実を褒めること

事実も、人によって感じ方はそれぞれ。あなたにとってデキるように見える方も、もしかしたら本人はまだ未熟だと思っているかもしれません。

「(あなたは)スゴイですね」と、“You”を主語にする褒め方では、どんな時に褒めてもお世辞に聞こえる可能性があります。ところが、「一緒に仕事すると(私は)勉強になります」と“I”を主語にする褒め方では、お世辞に聞こえず相手も喜んで受け取ってくれます。

不快に感じやすい褒め言葉は、「がんばってるね」です。これもこんな風に変えましょう。

×「がんばっているね」(youが主語)
〇「助かってるよ」(Iが主語)
◎「今週は新規2件契約が増えてチームとして助かってるよ」(Iが主語で具体例入り)

(2)相手が調子に乗りすぎた場合

褒めて調子に乗るのはむしろOKです。褒める点はちゃんと褒めて認める。指摘すべきところは分けて指摘をしましょう。褒めて人間関係を築いている人物から受けた指摘であればこそ、相手も素直に聞いてくれるのです。

(3)褒めるのに慣れる方法

慣れるために、「1日1回だれかを褒める」とルールにしましょう。褒め上手な人の周りにたまたま優秀な人が多いわけではなく、オフィスの人気者は褒めるポイントを見つけるのが上手なのです。書類を受け取った、報告をくれたというごく当たり前のルーティンワークであっても、「助かります」といいましょう。目上の方であれば、「〇〇なところが勉強になります」は効果的。


この褒め上手のコツは、仕事にもプライベートにも生かせますね。

【関連コラム】
女性が男性から褒められると嬉しいポイント5つ

●ライター/菊乃(彼氏づくり専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (4)
  • うーん (1)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする