つらい片思いは終わり! 好きな人を諦められないワケと対処法

【相談者:20代男性】
現在20歳の男です。最近、半年以上好きだった同い年の女性に告白しました。告白する機会が全然無く、片思いのまま時間が過ぎていたのですが、チャンスがあって思い切って告白しました。

一度諦めようと思っていた時期もあったのですが、彼女は僕の本気の悩みに本気で答えてくれて、涙ぐみながら僕が話していると彼女も涙ぐみながら聞いてくれたことが決め手で、やはり好きで告白しようと思ったのです。

会って言葉で告白しました。結果は断られましたが、どうしても諦めきれません。他に好きな人がいて、その彼からは冷たくされているが、今でも忘れられないくらい好きとのこと。

僕と付き合えば彼じゃなくてもいいのかな、と思えるくらい変われるかな? など色々言われました。個人的には彼女は、「冷たくされている彼が好きな自分を変えたい」のでは? と思ったのですが、詮索ですね。

そこで、ちょうど誕生日が近いので、誕生日プレゼントと一緒に手紙を書いて渡そうと思っています。

手紙の内容は、「諦めきれない。1年後、もう一度会いに行きます。好きな彼以上の魅力、人間性を身につけてもう一度告白します」みたいな感じです。

こういう行動は悪くないと思っていますが、内容的に重いのかなと感じています。1年後に指定した理由は、5月から地元を引っ越すために暫く会えなくなるためです。一度距離を置く意味も込めて1年としました。

誕生日プレゼントは本当に悩んで、店員さんにも相談して想いのこめた物です。このメッセージを書いている今日、振られてから一週間です。

女性からしたらこの行為はどう思われるのでしょうか? アドバイスお願いします。


こんにちは、恋愛コラムニストの内埜さくらです。

ご相談内容、拝読しました。フラれても好きだから諦めず、また告白したいという相談者さんの強いお気持ち、とても素敵です。その思いが彼女に届きますように……という願いを込めて、お返事をさせていただきますね。

「1年後、もう一度会いに行きます」と告白するとのこと。一度お断りをされているので距離を置くことは悪くはないと思いますが、その1年間、まったく連絡を取らないということでしょうか。

でしたら、わたしは連絡を取らずに1年間、距離を置くのは避けたほうがいいと思います。

130518utino

単純接触の原理

心理学に『単純接触の原理』という言葉がありますが、人は、頻繁に顔を合わせる人に好意を抱きやすいものなのです。連絡を断つと、好意を得られる機会を損失してしまう、ということ。

「遠くの親戚より近くの他人」ということわざがありますが、いつもそばにいてくれる人を気づいたら好きになっていた、というケースが珍しくないことが、これに当てはまります。

遠距離恋愛が成就しづらいのも、この『単純接触の原理』から外れてしまうからなのです。


そして、人間の記憶というのは曖昧なもの。相談者さんは1年前の今日、何をしていたか、手帳を見ずに即、思い出すことができますか? よほどの記念日でもない限り、ほとんどの人がすぐには思い出せないのではないでしょうか。

それは彼女にとっても同じ。身の回りに起こるさまざまな出来事を経験して、1年間連絡を取らない相談者さんのことを、「いい人だったな」程度にしか記憶に留めない可能性もありうるのです。

わたしがオススメしたいのは、友人の1人としてでいいので、連絡は頻繁に取ること。連絡を取っていれば彼女の心の動きをつかむことができますし、告白のタイミングも見極められます。

いつも彼女の心に寄り添うような意識で連絡を取り続けていれば、彼女の心が相談者さんに傾く確率も高められます。

とにかく、連絡だけは取り続けてください。また状況が変わったら、いつでも連絡をください。幸せになりますように。

●ライター/内埜さくら(恋愛力アップ専門家)

編集部追記

今回のコラムでは、一度フラれた相手へのアプローチ方法として、「頻繁に連絡を取りましょう」という視点でアドバイスをいただきました。

「好きな人が諦められないとき」について、一般的にはどう言われているのか、編集部でまとめてみました。

諦められない理由4つ

160510banira

(1)もう少しで手が届きそうだから

好きなアイドルや芸能人みたいに、完全に手が届かない相手ならすぐに諦めがつきますよね。そもそも本気で好きにはならないかもしれませんが……。

反対に、「もう少しで手が届きそう」と思えるような相手だと、なかなか諦めがつきません。

ただし、相手が好意を知って思わせぶりな態度をとっている場合や、自分でそう思い込んでしまっているだけという可能性もあります。

(2)努力を無駄にしたくないから

2年間ずっと好きだった相手にフラれて、1日で忘れろというのは酷ですよね。

また、あちこちデートに行ったり相手の好みを研究したり、振り向いてもらうために手をつくした相手というのも、簡単に諦められません。

それまでの努力を無駄にしたくないと思ってしまうのです。

(3)ハイスペックすぎるから

一度ハイスペックな相手に本気で惚れ込んでしまうと、他の異性が目に入らなくなってしまいます。

心のなかで比べて、「あの人には敵わない!」と切り捨ててしまうからです。

その思いがさらに好きな気持ちをかき立て、「この人しかいない!」と思い込ませます。

(4)好意から執着に変わってしまったから

振り向いてくれない相手に、「こんなに好きなのに、尽くしているのに、なんで振り向いてくれないの?」と思ってしまうことはありませんか?

そう思ってしまうのは、好意ではなく執着です。好きだからというより、思い通りにならないことにムキになっているだけかもしれません。

“諦め時”を見極める方法3つ

160412tabata

(1)客観的な意見を聞く

諦めるタイミングを見極める上で重要なのは、好きかどうかではなく、“手が届く相手かどうか”です。

しかし、本人はたとえ0.1%でも可能性があると思っているから諦められなくなっているのでしょう。

自分で冷静になって考えることができればいいのですが、こういうときは誰かに相談して客観的な意見を聞くことも大切です。

女子会など、同性同士だと慰めにまわって本音を言ってもらえない場合があるので、変に気を使わずはっきり意見を言ってくれる相手か、異性に相談するのがおすすめです。

(2)人生設計を立てる

諦めようと思ってもずるずると引きずってしまうのは、目先のことにとらわれていて将来のことまで考えられていない人に多いです。

そこで、何年後にどういう自分になっていたいのか、人生設計を立ててみましょう。なりたい自分の目標が決まれば、逆算してスケジュールを立てることができます。

たとえば、現在27歳で、30歳までに結婚したいとしたら、あと3年で結婚相手を見つける必要があります。

次に付き合う相手で決まるとは限りませんし、意外と時間がありませんよね。

振り向いてくれない相手に手こずっている場合ではないと、やるべきことが見えてくるはずです。

(3)自分の状況を冷静に判断してみる

以下の5つのうち、今のあなたに当てはまる項目はありませんか? 好きな気持ちは置いておいて、冷静に考えてみてください。

・可能性が薄いのに尽くしすぎている

・相手が好意を知っていて、都合よく利用されている

・相手と対等ではなく立場が下になっている

・恋で自分を見失っている

・今の自分が嫌いだ

もしこのような思いがあるなら、今が諦め時です。このまま突き進んでも、事態が好転するとは思えません。

恋を成就させることを目的にするのではなく、自分を幸せにすることを一番に考えましょう。

諦められない片思いを終わらせる方法8つ

akirame

(1)諦めることは幸せへの第一歩だと考える

当たり前ですが、全ての恋が成就するわけではありません。片思いを乗り越えたら幸せになれると思うかもしれませんが、結ばれなかった場合は……?

つらい片思いなら、諦めたほうが幸せへの近道かもしれません。

振り向いてくれない相手のためではなく、自分のための人生です。最初はつらいかもしれませんが、幸せを手に入れる自分をイメージして、前向きに諦めましょう。

(2)新しい出会いを探す

今までは一人しか眼中になかったと思いますが、それでは執着心を強めてしまうばかりです。心機一転、新しい出会いを探してみましょう。

無理に恋人候補を探さなくても、さまざまな異性と出会うことで考え方も広がるはずです。

(3)仕事・勉強・趣味などに打ち込む

相手のことを忘れるためには、何か別のことに夢中になるのが一番です。仕事でも、勉強でも、趣味でもかまいません。

出会いを求めているとどうしても比べてしまい、反対に気持ちが強くなってしまう……といった方に特におすすめです。一度恋愛のことは忘れましょう

(4)距離を置く

『単純接触の原理』を、先ほどとは逆の方法で利用します。

頻繁に顔を合わせていると好意を抱きやすいので、諦めたいときには逆に顔を合わせないようにすればいいのです。

できるだけ合う機会をなくし、連絡も取らないようにしてください。

(5)連絡先を消去する

距離を置こうと思っても、どうしても連絡を取りたくなってしまう! という人は、強硬手段ですが、連絡先を消去してしまいましょう。

「友達に戻るかもしれないから……」と躊躇するかもしれませんが、残しておいても苦しいだけです。だって、それができなくてこういう状況に陥っているのですから。

仕事などで連絡を取る必要がない相手なら、思い切って消してしまっても何も困ることはありません。

(6)告白する

まだ一度も告白していないという人も、もう何度も告白して玉砕したという人も、「これで最後。ダメだったら諦める」と覚悟を決めて告白するという方法もあります。

片思いは決して無駄なものではありませんが、あまり長引くとさまざまなチャンスを逃してしまいます。一か八かの勝負です。断られたら、潔く諦めましょう。

(7)自分磨きに励む

片思いはいったん忘れて、自分磨きに励んでみましょう。もちろん、好きな相手のためではありません。

自分磨きをしているうちに、自分に自信がついて考え方が変わるかもしれません。

また、新しい場所に出かけたら出会いがあったり、生き生きとしているあなたに惹かれる人が出てきたりする可能性もあります。

(8)自分に言い訳をして納得させる

片思いを諦めることになかなか踏ん切りがつかない場合は、自分が納得できる言い訳を考えましょう。

「○歳までに結婚したいから、叶わない恋を追いかけている暇はない」「今は勉強をがんばりたいから、他のことに気を取られている場合ではない」など、無理やりでもかまいません。

これを自分に言い聞かせて、「前に進むために諦めるのだ」と意識しましょう。

まとめ

「諦められない理由」や「“諦め時”を見極める方法」などについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

今は大好きな気持ちが心を占めていると思いますが、数年後に「もっと早く諦めておけばよかった」と後悔する可能性がないと言い切れますか?

まだ何も手に入っていないのですから、諦めただけで何かを失うことはありません。迷う気持ちがあるなら、一度、諦める方法を試してみてください。

幸せな恋愛ができることを願っています。

●モデル/香南

●追記/恋愛jp編集部

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (4)
  • うーん (14)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする