不倫発覚後、実際にサレ妻が愛人へ取る行動とは?

【相談者:20代女性】
現在、不倫中です。彼のことを愛していますし、離婚して私と結婚する話も出ています。奥さんの方が私より先に出会っただけだと本気で思います。

自分の気持ちに嘘はないのですが、バレてしまった場合どうなるのかが気になります。

ネットで調べると「訴えられる」とよく書いてありますが、その先が書かれていません。

不倫がバレた後にどうなるのか教えて貰えませんか?

a 不倫発覚後に妻がとる行動は、大きく分けて「感情型」と「事務的型」になる。

こんにちは! 火消し探偵の山木です。

今回のご質問は、不倫発覚後の先を知りたいとのこと。世の中の一定数しか体験していないことですし、確かにどうなるのかを詳細に知っている人は少ないですよね。

実際にあったケースを交えて詳細に触れたいと思います。

まず、質問者様が思っている以上に、「彼」が不倫や浮気をしていることはすでに妻にバレている可能性が高いのです。バレている上で、「彼」が「妻」に泳がされているだけと思った方がいいかもしれないくらい。

どんなに妻にバレないように不倫をしているつもりでも、薄々は伝わっているものということを念頭に置きましょう。

香水、ファンデーション、クリームなど女の匂いが付くものは多くありますし、携帯電話の使い方や、夜遅く帰るようになるなどの生活の変化、何かおかしいな? と思う部分は幾らでもあるものなので、既に冷え切った家庭ならば離婚のタイミングを狙っていたり、浮気を繰り返す不倫関係はいつバレてもおかしくはありません。

それはある日、突然やって来ます。

我々探偵は、不倫調査を依頼する妻のタイプをおおまかに、「感情型」と「事務的型」と呼んでいますが、以下のように分類されます。

11699

感情型

結婚後何年も経っていても、ちゃんと夫婦の営みも行われていて、夫婦仲も悪いわけではない。

いわゆる、一般家庭の奥様の殆どがこちらに分類されます。

不倫発覚は、基本的に不倫相手の女性かご主人のミスによるものが多く、不倫をある日突然知ることになるため、感情が大爆発します。

事務的型

既に冷え切った家庭や仮面夫婦の家庭に多く、配偶者が何をしようと冷静に妻というスタンスを保ちます。

妻が引いた一線を不倫相手が越えようとしてきたりすると不倫を許さなくなりますが、一番高く慰謝料を取って離婚するタイミングを狙っていたりと、計算しながら次の行動を冷静にとる準備をしている傾向が強い。

「感情型」だった場合

質問者様の不倫相手(以下、彼)の妻が「感情型」だった場合、まず、彼が妻に罵られる所からスタートします。

問い詰められた彼が質問者様の情報を妻に伝えることにより、質問者様の所に妻が乗り込んで来たり、罵声を浴びせられるようにと発展するものですが、日数が経過するにつれて感情が治まって来て、「落とし所」を見つけるような流れになります。

この場合の「落とし所」とは、

(1)彼が全面的に謝罪し、二度と浮気しない。不倫相手とは別れる! と妻に誓い、質問者様との別れを選ぶ

(2)不倫相手である質問者様が慰謝料(50万~300万)請求され、二度と彼に近づかないよう誓約書を書かされる(一括払いができないなら分割払いも可。支払いが滞ったら、給料口座など差し抑えされられる契約書にサインをさせられるのが一般的)

(3)不倫相手である質問者様に慰謝料を請求する! となるものの、彼が妻に幾らか渡して手打ち。質問者様は、その流れを知らないまま不倫を継続されるか清算される(※この状態で不倫を継続する場合は、彼は奥様と離婚する気がないと言えます。つまり質問者様と結婚する気もないということです)

お互い情が残っているので、妻と別れる気などないのが殆どです。

実際に離婚してまで不倫相手の女性と一緒になろうという道を選ぶ人は少ない

つまり、不倫や浮気の発覚後、多くの夫婦は関係を再築していくという道を選びます。

しかし、不倫を同じ相手と何年も継続したり、一度発覚して清算しても復活したなど……不倫相手の女性とも年月を営んでしまうと、お互い「落とし所」が見つからなくなっていくので、調停離婚と進んで行きます。

何故揉めていくのかというと、お互いが過ごした年月により深く傷つき意地というものをこじらせてしまうので、結果、裁判となり疲弊していくというケースが多いですね。

「事務的型」だった場合

これが、彼の妻が「事務的型」だった場合、ちょっと違うケースとなります。

だいたいにおいて、訴訟を前提とした話となります。

ある日の午前中にいきなり弁護士などの代理人から連絡がきます。共通するのは、妻が乗り込んでくることは少なく、弁護士や司法書士のような肩書を持った人からの連絡になることでしょうか。

妻も「離婚する」と固く決めていることが多く、証拠は万全。探偵やら弁護士やらの協力者が次々と出てくることが特徴。

殆どの場合、代理人から連絡が来た時点で不倫の証拠は完全に押さえられていて、否定する余地は残っていません。当然、探偵を雇うのも弁護士使うのも如何に多くの慰謝料を取って離婚してやろうかと決めているからこそするわけで、非常に事務的に進みます。

お気づきの方もいるかも知れませんが、このケースは慰謝料を多くとることが前提なので、夫が金持ちであることが大多数です。妻の希望の額をすんなり支払えれば、離婚は思ったよりもスムーズにいくでしょう。

不倫自体、経済的に余裕がなければ持続することは難しいので、普通の会社員よりは富裕層と不倫する可能性は強くなるのですが、金持ちと付き合っていることを喜んでばかりいられません。

お金持ちの妻になる人は、「一定以上を超えなければ自由にしていいわ」というルールを決めている奥様も多いのですが、反面、決めた一線を超えた行為をした場合は、即座に裁判というのもあり得ます。

実際に起きた例としては、愛人に「マンション」を与えたり、「子供をつくった」などが琴線に触れるようです。

当然、裁判の費用から慰謝料まで不倫相手の男性が払うわけですが、被告と呼ばれる立場になったり、裁判所や弁護士から書類が来たりと……不倫なぞしている暇がないくらい疲弊していく事は事実です。

また質問者様も、実際は慰謝料を支払わなくて済むのだとしても、社会的制裁を受けます。

この場合の社会的制裁とは、「職場に訴訟当日に休暇等の必要があるという連絡」や、「実家にも不倫の事実とその結果訴訟を起こす予定の告知」などが弁護士から届くことを指します。

また、離婚が成立した後も、彼にお子様がいれば、「養育費」の支払いや「親子の縁」は続くものだということを忘れずに。

不倫中はお金持ちだった彼が、離婚後に貧乏になったというのはよく聞く話ですが、それでも略奪してでも結婚したいくらい愛しているなら受け入れましょう。


二つの「不倫発覚後」のケースを出しましたが、まとめると「落とし所」はどちらもお金です。

言い換えれば、お金がない人と不倫をしたところで離婚への道のりも遠く、略奪婚できても苦労が目に見えるようです。

お金さえ払えば解決できることもあるのですが、そこに落ち着くまでに感情的に話が進んで行くか、事務的に話が進んで行くかの違いがあります。

これはほんの一例ですが、少しは参考になったでしょうか?

あと、以前のコラム『不倫の末の略奪婚は幸せになれるのか?』にも書きましたが、質問者様が不倫相手の男性と目出度く結婚したとします。

そこからは、「不倫される側」の人生のスタートです。

質問者様が選んだ人は、不倫という誘惑に負けた人という消せない肩書を持っていることをお忘れなく。

●ライター/山木陽介(探偵専門家)

編集部追記

今回のコラムでは、不倫発覚後にサレ妻が愛人に取る行動として、「感情型」「事務的型」という2つの視点でアドバイスをいただきました。

「不倫がバレた/サレ妻」について、一般的にはどう言われているのか、編集部でまとめてみました。

サレ妻とは

160130ranking1

“サレ妻”とは、自分の夫に浮気・不倫を“され”ている妻のことを言います。

反対に、妻に浮気・不倫されている夫のことは“サレ夫”と言うそうです。

夫が不倫しているのに離婚しないサレ妻の心理5つ

160202nannpa01

信じて一緒になった夫に不倫をされて、“離婚”の2文字が思い浮かばない女性はいないと思います。しかし、こんな状況下においても離婚しない・できない理由があるのです。

(1)お金を失いたくない

旦那さんが家計を支えていて奥さんが専業主夫やパート・アルバイトで収入が少ない場合、離婚したら再就職しなければならなくなります。

再就職すること自体がむずかしいですし、できたとしても希望の職につけたり、十分な給料をもらえたりする保証はありません。

そんな苦労をするくらいならと、夫のことは嫌いになっていても生活のために離婚をしない女性もいます。

(2)子どもに寂しい思いをさせたくない

お子さんがいる家庭にとっては、離婚は2人の問題だけではありません。特に子どもが幼い場合、父親のいない環境で育てることは不安でしょう。

子どもは寂しい思いをするでしょうし、片親であることを理由にいじめにあうかもしれません。

不倫は夫婦の問題であって、子どもの問題ではありません。子どもを巻き込むようなことはせず、成人するまでのあいだだけでも我慢しようと思う女性も少なくないはずです。

(3)夫を愛している

不倫をされても夫のことを愛している、信じたいという女性もいます。一度は永遠の愛を誓った相手ですから、一度間違いを犯したからといってすぐには嫌いになれないのかもしれません。

しかし、旦那さんの方はそんな愛を重く感じ、別れたいと思っているケースもあります。

(4)不倫相手と結婚させたくない

自分と離婚して不倫相手と再婚するくらいなら、嫌いな夫でも別れないでいてやる、と不倫相手への見せしめ・復讐のために離婚を選ばない方もいます。

相当、嫉妬深い性格ですが、そうさせてしまった男性に責任があるので仕方ないですよね。

しかし、その気持ちもいつまで続くかわかりません。そこまで相手や夫のことを恨んでいるなら、すぐさま別れてしまった方が幸せかもしれませんよね。

(5)世間に不倫を知られたくない

プライドが高い女性は、自分が不倫されたことを隠したいと思います。まして離婚してしまったら、自分が捨てられたように見られる可能性があります。

世間から哀れみの目で見られるくらいなら、離婚せずに耐えた方がマシ、と思うのでしょう。また、バツイチになるのも避けたいため、意地でも婚姻関係を存続させようとします。

不倫がバレたときの対処法4つ

busaikutuiki4

不倫がバレてしまったら、もうそこで終わりだと思うかもしれません。それは否定できませんが、対処法を知っておくことで被害を最小限に抑えることはできます。

(1)不倫を認め、謝る

まずすべきことは、ひたすら謝罪することです。不倫が見つかったら、しらばっくれたり開き直ったりせず、すぐに認めて謝りましょう。

奥さんが根負けするくらいに一生懸命、謝り続けてください。「もう二度としない」と誓ってください。

ある調査によると、すぐに謝った場合と知らないふりをしたり開き直ったりした場合では、すぐに謝った方がその後関係が回復する割合が高いそうです。

たしかに、嘘をついて時間を稼ごうとするよりもすぐに認めて謝る方が誠意が感じられますよね。

(2)パートナーへの愛を伝える

離婚を防ぐためには、パートナーへの愛をきちんと伝えることが肝心です。

自分がパートナーをどれだけ必要としているか、大切に思っているか、いないと生きていけないということ、あなたでなければダメだということ、言葉を尽くして伝えてください。

気持ちが伝われば、「今回は魔が差しただけだろう」と離婚を踏みとどまってくれるかもしれません。

(3)慰謝料を払う

あまり取りたくない方法かもしれませんが、けじめとしてしっかりお金で解決しておくことが必要なときもあります。

「もう二度と不倫しないから、慰謝料と離婚だけは勘弁してくれ」なんて言われたら、全く説得力がありません。

ただし、自分が独身で相手が既婚者の場合だった場合、既婚者だと知らなかったなら慰謝料が減額される可能性があります。

他にも、浮気の回数や期間、夫婦の関係によっても慰謝料が減額できるかもしれません。支払う前に、一度冷静に自分に有利な条件はないか洗い出してみましょう。

(4)プレゼントを贈る

お金の次はモノです。プレゼントで全て許されるなんて簡単なことではありませんが、何もしないよりはコツコツと行動で示していくべきです。

このときばかりは普段は買えないような高級なモノを選びましょう。離婚に比べたら出費も痛くありません。

奥さんの好みは熟知しているはずですから、一番喜びそうなモノをプレゼントしてあげてください。

社内不倫が会社にバレたときの対処法5つ

160127pinklemonade

社内不倫が会社にバレると、降格、降給だけでなく、厳しいところでは社内に一斉にFAXやメールなどで知らされるところもあるそうです。そうなったら、もうその会社にはいられませんよね。

できるだけ事を大きくしないための対処法をまとめました。

(1)上司へ相談

まだ社内の一部にしかバレていないからと思っていても、いずれ会社に伝わってしまうでしょう。裁判沙汰になったら間違いなくバレます。

処分が下される前に、まずは信頼できる上司に相談しましょう。部下の不祥事ということで上司にも影響があるかもしれません。

たとえ不倫の当事者だとしても、会社ではきちんと社会人としての振る舞いをしましょう。

(2)不倫相手と会わない

不倫がバレてしまった後に2人で会っているところを見られてしまったら、見てしまった周りの人も気まずいですし、反省していないと思われてしまいます。

今後についての話し合いがあるかもしれませんが、絶対に社内では会わないようにしましょう。

(3)相手の配偶者への謝罪

不倫相手の顔など見たくない、と怒られたり、慰謝料を請求されたりするかもしれません。しかし、申し訳ないという気持ちがあるなら相手のご家族に謝罪すべきです。

会社に謝って相手のご家族に謝らないのはおかしいでしょう。許してはもらえないと思いますが、許す許さないの問題ではなく謝らない選択肢はないのではないでしょうか。

(4)自分の家族への謝罪

迷惑をかけたのは相手のご家族や会社だけでありません。自分の家族にも謝罪しましょう。

会社にバレたら自分の家族にもバレます。慰謝料を請求された場合は、内容証明は家に届くでしょう。

不倫した人の家族として恥をかくだけでなく、生活面でも頼らなければならない場面が出てくると思います。

こんなときに大切な家族まで失わないように、本当のことを話しましょう。

(5)転職活動

不倫を原因に辞職に追い込まれることはなく、せいぜい降格、降給くらいで済むようです。しかし、周囲の人から“不倫した人”として見られている環境で働くことは精神的に厳しいものがあります。

社内不倫の場合、特に、今後も元不倫相手と一緒に仕事をしなければならない可能性も出てきます。彼と彼女は一緒にならないように、と周りに気を使わせてしまいますよね。

こうなったら、転職して心機一転やり直すのが一番でしょう。その方が周囲の目から苦しまなくて済みます。

奥さんに不倫がバレた理由6つ

160202thisyu

(1)香り

香りで不倫がバレるなんて、そんな警察犬みたいに嗅覚が鋭い奥さんなんているの? と思うかもしれませんが、香りはけっこうわかりやすいようです。

普段は男性と不倫相手が同じ香水を使うように気をつけていたけれど、ちょっとの油断で女性が新しい香水をつけてきた日があってバレた、なんてこともあるそう。たった1回でも妻は見逃しません。

また、奥さんに不倫を察知させるためにわざと香りをつける女性もいるのだとか……。

香水以外にも、シャンプーやボディーソープの香りで気付く人もいます。ここまでくると対策のしようがありません。

(2)携帯電話

携帯を家の中でも肌身離さず持ち歩くようになったり、急に指紋認証やパスコードのロックをかけ出したりすると、奥さんの女の勘がはたらきます。

トイレに立ったとき、お風呂に入っているときなど、ちょっとの隙をねらってチェックが入ります

探ろうとしなくても、スマホの画面に通知が表示されてバレるパターンもあるようです。わざわざ設定で通知を切るまで用意周到な男性はなかなかいません。

不倫相手とのラブラブなメッセージのやり取りや写真、着信履歴などをつかまれてしまったら最後。もう言い訳はできません。

(3)SNS

今の時代は相手の携帯に触れずとも交友関係をチェックできる方法があります。それがSNSです。

夫のFacebookに「いいね!」を押した人を全てチェックしている奥さんもいるのだとか。

Twitterでも、アカウントを知らないだろうとうっかりタイムラインでやり取りしてしまったら、自ら不倫相手との会話を発信しているようなもの。

気付いたら不倫相手と奥さんがSNSで友達になっていた……なんてことになってしまったら、何をされるかわかりませんよ。

(4)レシート

レシートは、やましいことがなければ隠す必要はありませんよね。ホテルのレシートなら一発でクロですが、居酒屋や普通の食事のレシートなら、2人分でも怪しまれるいわれはないはずです。

しかし、男性が頼まないようなお酒やソフトドリンクの注文があったり、あまりに頻繁に会っているようだと怪しくなってきます。

携帯は触らせまいと守っていても、財布からレシートが抜かれていたり、捨てたレシートをゴミ箱から取り出してチェックされたりしているかもしれませんよ。少しも油断はできません。

(5)タレコミ

不倫相手にわざわざ遠くに住んでいる人を選ぶ人は少ないと思います。

何かのきっかけで偶然出会うわけですから近いコミュニティにいる相手ですし、そもそもなかなか会えない不倫相手なんている意味がありません。

ただ、あまりに近くで見繕うと誰かに見つかる可能性が高くなります。「○○さんの旦那さんが若い女連れて歩いてたわよ」なんてウワサは一瞬で広まります

いずれ奥さんの耳にも入るでしょうし、親切心で直接奥さんに言いつける人もいるかもしれません。

(6)寝言

寝言で不倫相手の名前を言ってしまいバレる人もいます。奥さんはあなたが寝ているあいだに携帯でその名前を調べるでしょうね。

起きているときでも、奥さんの名前はもう何年も呼んでいないのに不倫相手の名前ばかり呼んでいるので、ふとした瞬間に間違えて奥さんを不倫相手の名前で呼んでしまうことがあるそうです。

「元カノの名前だよ」と弁明したところで、他の女性のことを考えていたことに違いはありません。その場で白状させられるでしょう。

まとめ

「サレ妻とは」や「不倫がバレたときの対処法」などについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

不倫関係がバレずに一生続くなんてことは、ほぼあり得ません。どれほど気を付けているつもりでも、いつかはバレてしまいます。

そのとき、傷つくのは自分だけではありません。家族や不倫相手、会社はもちろんですが、自分と関わってきた全ての人に迷惑がかかると言っても過言ではないでしょう。

しかし、わかっているつもりでも引き返せないのが不倫です。もう引き返せないところまで来てしまった人は、せめて今後の償い方について考えておくといいかもしれません……。

【関連コラム】
不倫の末の略奪婚は幸せになれるのか?

(恋愛jp編集部/佐藤)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (30)
  • うーん (15)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする