女性が主導権を握って出来る体位の一つ、騎乗位。
男性は視覚的にも興奮を得るので、彼からお願いされることがありますよね。
しかし、どうやって動いたら良いか分からないという女性は、多いのではないでしょうか?

そんな今回は、男性が喜ぶ騎乗位のコツを紹介していきます。

(1)スクワットをして筋力をつける

『上下に動くのがすごく大変そうだけど興奮しますね』(26歳/IT)

普段使わない足の筋肉を使うので、難しく感じたり、すぐに疲れたりします。
無理に頑張ると、次の日に筋肉痛になることも…。
まずは、スクワットをして足の筋力をつけることが大事。

筋力がないと難しく感じ、上手く上下に動かすことができません。
上手くできないと、エッチに集中できず、気持ちよく感じないので、騎乗位に苦手意識がでます。

スクワットをして筋力を鍛えたら、枕やクッションなどを使って、実際の動きを練習してみましょう。
自分が動きやすい姿勢が見つかりますよ。

(2)最初は少しずつ動く

『いきなり動かれると男だって痛いんです』(37歳/IT)

男性のように激しく動かなければ…と思ってしまうと、失敗しやすいです。
何度も抜けてしまったり、疲れてしまったりと、お互い気持ちよく感じません。
最初は少しずつ動くようにすると良いでしょう。

まずは、挿入してゆっくりと動かし、彼のモノを自分の中で馴染ませていきます。
騎乗位の時、あまり激しく前後左右に動くと、彼のモノが無理な方向になり、痛みを感じる場合もあります。
少しずつ動かしながら、彼の様子を伺うと良いですね。

(3)上下だけではなく前後にも動かす

『正直、前後にゆっくり動かしているほうが可愛い姿が見られます』(29歳/広告)

上下に動かすピストン運動は、男性の快感が得られやすいです。
膝をつけての上下や、M字開脚をして上下させます。
しかしこれは、女性側はとても疲れるので、長い時間し続けることは難しいです。

上下の間に前後の動きを入れると休憩もでき、女性にとっては気持ちよく感じます。
奥に彼のモノがあたり、クリトリスも擦れて快感を得やすくなるからです。

男性にとって騎乗位は、視覚的な興奮も得られます。
女性が恥ずかしがる姿や、女性が腰を前後に動かす姿を見て興奮するもの。
前後の動きは、男性への刺激は少ないですが、視覚的な効果は抜群ですよ。

(4)手を置く場所を見つける

『繋がっているところが少し増えて興奮します』(24歳/自営業)

足だけで支えようとすると、筋力のいる体勢なので、難しく感じます。
自分がやりやすい手を置く場所を見つけることが大事。

男性と手を繋ぐように支えてもらうと、安定します。
また、男性の腰の部分におくと少し前かがみになるので、膝をつけた上下がし易くなります。
少し背中を反らして、男性の太ももに手をつくと、結合部分を男性が見ることもでき、女性も彼のモノが当たる場所が変わり、快感を得られます。

自分が動きやすい手の位置を決めると、騎乗位が安定しますよ。


騎乗位は恥ずかしいし難しくて苦手と思っている女性も多いでしょうが、その恥ずかしがる姿も男性の興奮材料の一つ。
最初は、上手く動こうとせずに、自分が気持ち良く感じる動きで充分です。
快感を求めて女性が腰を動かしている姿に、男性は興奮を得るのです。

(文/恋愛jp編集部)