彼女のことは好きだけど、将来一緒にいるビジョンが持てない……と思われる行動の一つに金銭感覚のズレがあります。
男性に「金がかかる女だな!」と思われるのは、めんどくさい女だなと思われるのと同じです。
自分では当たり前の行動でも、ついつい男性にお金がかかりそうと思われてしまう行動とはどんなことでしょうか。

今回は男が彼女に「金がかかる女だな…」と思う瞬間をご紹介します!

(1)高いお店ばかり好む時

『ごはんに行こうと言っても、いつも高いお店にしか行きたくないというところ』(31歳/保険)

男性とせっかくのデートでチェーン店だとちょっとがっかりしてしまいますよね。
でも、毎回オシャレでちょっと高めのお店ばかり行っていると、彼氏に「金のかかる女だな……」と思われてしまうかもしれません!

特にいつも男性が会計をしてくれる場合、彼の負担になっていないでしょうか。
たまには安くて入りやすいお店や、彼の好きなラーメンを一緒に食べに行ってみると、彼もほっとするかもしれませんよ。

(2)食べ放題を拒否した時

『焼き肉とかは、多く色んなものを食べたいので食べ放題を提案しますが、彼女は全力で拒否。一品一品食べたいと言われた時』(23歳/大学院生)

食べ放題ってお得な気がしますよね。
でも、よくある家族向けの食べ放題だと、食べたいものがあまりなかったり、飽きてしまいますよね。

でも、もし男性が食べ放題を好きな場合、3回に1度は付き合うなど、彼に合わせる努力も必要です!
いきたいお店じゃない場合は、あなたの好みの食べ放題のお店を提案するのもよいでしょう。

(3)海外旅行に行きすぎてる

『年に何回も海外旅行に行く女子。もし結婚してもそうなると思うと財布がコワイ』(28歳/営業)

今では10万円も貯まればすぐに海外旅行に行けますが、海外旅行=セレブみたいなイメージを持っている男性は多い。
アジアなど日本よりも物価が安い国だと、沖縄に行くより豪華な旅行ができたりしますよね。
でも、男性からすると、お金がかかりそうな趣味を持っていると思われかねません。

お土産などで現地のビールをプレゼントして、日本円の価格でいくらと話をしてみるとか、一度彼を海外旅行に誘って安さを実感してもらうのもいいかもしれません。

ただ、休みのたびに海外に行っていると、貯金をしているのか心配されたり、金遣いが荒いと思われてしまうので頻度には要注意です。

(4)ブランドものが大好き

『バッグならいいですが、コートもニットもなんでもかんでもブランドだと、何処に連れていくにも気を遣う』(31歳/インスラクター)

洗練されたブランドアイテムは手っ取り早く自信を与えてくれ、女性の気持ちも上げてくれます。
ただ、バックや財布だけでなく、スマホケースや服、靴など、すべてブランドでそろえていませんか?
もしかして、男性にギョッとされているかもしれません!

そういう女性には、安いプレゼントは選べないというプレッシャーを与えるからです。
また、こだわりが強いと思われて、結果お金がかかりそうな女認定されてしまいます。


自分の好きなものを選んだり、好きな行動をしているだけで、「金のかかる女」認定されるのは嫌ですよね。
でも、男性は女性が恋人候補になるか、将来一緒にいられる人か判断する基準として金銭感覚を気にします。

全てを変えるのではなく、彼の金銭感覚に合わせた生活もできることをアピールしていきましょう。

(文/恋愛jp編集部)