気持ちの繋がりも必要ですが、体の繋がりも大事。
彼女とのエッチが満足できないと、別れや浮気に繋がることも…。
今回は、男が「手放したくない」と思う彼女とのエッチについて、紹介していきます。

(1)フェラが上手い

『吸いついてくる彼女のテクニックの虜です』(29歳/IT)

やはり男性はフェラされることが好き。
フェラが上手い彼女は、「手放したくない」と思います。

フェラは彼を喜ばせるために、テクを磨くもの。
自分のために頑張ってくれる彼女の健気さに、愛を感じます。
こんなことで…と思うでしょうが、エッチに対する意見の違いは、別れにまで発展することもあります。

また、自分が教えて上手になった彼女は、絶対「手放したくない」です。
手放してしまったら、そのフェラを他の男性にすることを思うと耐えられないからです。

(2)自分の敏感なところを分かってる

『自分のことよくわかっているなと愛おしくなります』(27歳/広告)

彼の敏感なところが分かるということは、エッチで彼を喜ばせたいと思っている証拠。
彼のことをよく見ていなければ分からないことですよね。
エッチに積極的な姿勢に、男性は「手放したくない」と感じます。

もちろん長くお付き合いして、何度もエッチをしていれば彼の敏感なところは分かりますよね。
しかし、彼を喜ばせたい、気持ちよくなって欲しいという気持ちがなければ、見落としてしまうことも…。

自分でも知らない敏感なところを、彼女に探り当てあられたら、「手放したくない」と考えるでしょう。

(3)感度がいい

『今の彼女はマグロじゃないのでやりがいがありますよ』(25歳/運送)

エッチしても、反応がイマイチだと、つまらなく感じます。
彼女の感度がいいと、自分が彼女を喜ばせてあげられる存在だと思い、「手放したくない」と思います。

また、彼女の感度がいいと、体の相性が良いと感じるもの。
キスするだけで濡れる、体を触るたびに反応が良いと、彼の興奮度も上がります。

よっぽどの自信家でもない限り、自分のエッチで彼女が気持ちよくなっているか、不安に感じるもの。
感度がいい彼女は、その不安を抱えさせません。

(4)受け身ではない

『時折見せる積極的な姿に僕もイチコロです』(24歳/人事)

エッチの主導権は男性が握りたいと思っています。
しかし、彼女がいつも受け身であれば、どんなに感じていても、マンネリになるもの。

たまには、女性から攻められるのもあり。
彼に主導権は握らせつつ、少しだけ彼を攻めると、男性は大興奮。

ただし、たまに攻めるということが重要です。
Mっ気があり、常に女性から攻められたいと感じる男性以外は、女性が主導権を握り攻めると引いてしまいます。
毎回受け身ではないことが、「手放したくない」と思う女性です。

体の相性ももちろん大事ですが、「手放したくない」と感じる彼女は、エッチの時に彼を喜ばせてくれる女性です。
彼とのエッチも大事にしている姿勢が、男性にとっては必要な要素となります。
エッチがお互い気持ちよければ、マンネリの心配もありませんよね。

(文/恋愛jp編集部)