ごつく見える女性のアイテムを選んでいませんか。
とりあえずこれでいいかな…と思い選んでいるアイテムで、ごつく見えてしまう場合も。
ごつく見えてしまうと、女性らしさが軽減するので選ぶ時に意識する必要があります。

(1)ビックニット×フレアスカート

『ビックニットの存在感を舐めてました』(28歳/広告)

ビックニットを着ることで、体型をカバーできると思う女性もいますが「隠すところはうまく隠して、隠さない方が良いところは隠さずに」が痩せて見えるコツです。
ビックニットは、存在だけで十分インパクトがありますので、ボトムにフレアスカートを持ってくると、トップとボトム双方にインパクトのあるコーディネートに。

つまりはそれだけでごつく見えてしまうのです。
ごつく見えないようにするには、トップかボトムのどちらかだけインパクトがあるようにしましょう。
ビックニットには、タイトスカートやレギンスなどスッキリしたボトムと合わせる方が、女性らしく見えて魅力的です。

(2)黒ダウンコート

『ダウンコートは暖かいけど、女らしく見られることは犠牲にしないといけませんね』(26歳/マーケティング)

ダウンコートは、どうしてもごつく見えやすいです。
それに加えて黒となると、更に男っぽく見えてしまう可能性が高いでしょう。
ダウンコートは暖かいので好きという女性は多いですが、選ぶ色が大切です。

黒ダウンコートを着るのなら、丈が短めのものならまだ大丈夫でしょう。
でもある程度長い丈のものだと、どうしてもごつく見えてしまいます。
元々体型が華奢な女性なら、黒ダウンコートでもうまく着こなせます。

でもそうではないと思う場合には、黒ダウンコートは選ばないようにして、ネイビーや茶系などを選んでおいた方が、ごつく見えないでしょう。

(3)ロングブーツ

『ロングブーツは男ウケが悪いみたいです、やっぱり脚が見たいという声が多数でした』(27歳/受付)

ロングブーツを履けば、かっこよく見える!と思う女性もいますが、ロングブーツは男性から見ると不評です。
雪国などの寒い場所ならやむを得ないかもしれませんが、ごつく見られたくないのなら選びたくないアイテム。

ロングブーツの持つ威圧感のようなものがあるため、どうしてもごつく見えてしまいますので、選ぶのならボトムをシンプルにシックな雰囲気にすると合うでしょう。
ロングブーツを黒にせずに、ベージュにすることで、女性らしさを出すことが出来ます。

(4)リブニット×タイトスカート

『元カレに「強そう」って言われてショックでした』(26歳/保育士)

リブニットを選ぶのなら、ボトムはタイトスカートではなくフレアスカートかレギンスなどがお勧めです。
リブニット自体は女性らしさを出せるアイテムですが、華奢な体型でなければごつく見えてしまう可能性が高いでしょう。
そのためリブニットの色については、紺色や濃いパープルなどを選ぶと綺麗で引き締まって見えるため、ボトムとも合わせやすいのです。

タイトスカートを選んでしまうと、スタイルの良い人は着こなせるかもしれませんが、スタイルにあまり自信がない場合は、フレアスカートにしてバランスを良くしましょう。


ごつく見える女性のアイテムは、かなり考えてコーディネートをしないと、自分の長所をいかすことができません。
自信を持ったコーディネートにするためにも、ごつく見えないファッションになるようにしたいですね。

(文/恋愛jp編集部)