仕事と婚活どちらを優先すべき? 結婚適齢期女性のジレンマ

【相談者:30代女性】
海外に住んでいます。現在の仕事は自分に向いていて、今までの努力が報われているように思っています。ただ、30代後半に入り、精神的にパートナーと共に助け合っていきたいと考えるようになりました。日本で結婚相談所にも登録しましたが、半年に一度位しか帰国出来ない為、ほとんどお会いすることができません。

今の(結婚したいという)勢いが失われないうちに結婚したいと思うのですが、現実的に婚活が出来ずジレンマに悩んでいます。かと言って、好きな仕事を辞めてまで婚活をするのはおかしいような気がします。優先順位が定まらないのですが、こんな状態で結婚できるのか苦しんでいます。


ご相談ありがとうございます。国際イメージコンサルタント・婚活&女子力アップコンサルタント澤口珠子です。

海外に住んで、ご自分の好きなことをお仕事にされているとのこと。なんて素晴らしいことでしょう!

婚活のために好きな仕事を辞めるなんて、もったいないですよ!! むしろ、そんな相談者さまを「イイ!」と思ってくれる男性を探すほうにフォーカスして活動していきましょう。その方が結婚された後も、二人で幸せな生活を送ることが出来ると思います。

海外に住んでいらっしゃるなら、日本の結婚相談所で活動されるよりも、現地で活動されることをオススメします。現地の日本人コミュティはいかがでしょう? 駐在の男性は家族連れが多く、ほとんどが既婚者かもしれませんが、彼らを訪れる友人や、日本から海外法人に出張してくる男性に独身者がいるかもしれません。日頃から仲良くしていると、ちょっとした集まりにも呼んでもらいやすくなります。

130511sawaguti

また好きなお仕事で、何か出逢いにつながりそうなことはありませんか? ないようなら、自分でイベントを企画して、出逢いを作ってしまいましょう!

また、海外在住の日本人女性にオススメなのが、ネットを活用した婚活です。出逢いの数は多ければ多いほどいいので、真面目なネットお見合いサイトとFacebookなどのSNS、この二本立てで活動しましょう。普段はメールやFBでやり取りして親交を深め、帰国した際に沢山の男性と直接会うことを繰り返しましょう。


結婚しなくちゃ! と思うと苦しくなります。でも、「婚活」は自分磨きの一環、人生をより豊かにする活動だと思えば、楽しくなります。

独身男性との出逢いだけにこだわらず、独身既婚、老若男女、国籍問わず、様々な人とのご縁を大切にしてつなげていってください。

ご自分と人とのご縁を大切にし、好きなことを突き詰めていく中で、必ずご自分の理想のパートナーが引き寄せられますよ。

応援しています!

●ライター/澤口珠子(婚活専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (1)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする