これをやったら復縁できない! 元恋人へのタブーなNG行動4つ

【相談者:20代女性】
1年前に別れた彼とは社内恋愛でした。原因は、私が彼のプライベートを詮索したり、浮気を疑って携帯電話やパソコンをしつこくチェックしたからです。最近、私の1つ下の後輩と元カレが結婚することを知り、嫉妬に狂って、「彼はまだ私のことが忘れられないみたい」と、彼女に言ってしまいました。元カレからは、「見損なった」というメールが来ました。

復縁を望んでいましたが、もう無理ですよね? これから先、新しい恋愛する自信もありません。どうしたらいいでしょう。

qa_a 覆水盆に返らず タブーなNG行動を反省して次に進んで。

復縁成就専門家のHirokoです。

元カレ、元カノと復縁したい! そういうご相談は、昨今増えています。別れた後、どちらかのひたむきな努力や頑張りによって復縁できる確率は決して低くはありません。

その一方で、相手に対して「決定的なネガティヴな言動」をしてしまったために、どんなに頑張っても復縁が難しいケースがあります。私のご相談者の実体験も交えながら、タブーなNG行動を4つお伝えしますので、参考になさってください。

130508hiriko

(1)執拗に相手を責め続けた

これは主に交際中ですが、相手をあまりにも信じきれなかったり、相手に対してイライラすることがしょっちゅうあった場合。彼のちょっとした嘘や失敗、性格的な欠点などもコトあるごとに挙げ連ねて責めたり、何度も携帯やパソコンをチェックしてプライベートを詮索してはイライラし、相手を追い詰めるケースが多いようです。

責め続けられ、プライバシーまで侵害された経験をした相手は、復縁してしまうと以前と同じことが繰り返されるのはないかと想像し、復縁にはおよび腰になってしまうのです。相手を良くしたい、管理したい、自分好みにしたいのはわかりますが、程度がありますので、やり過ぎ責めすぎは、復縁には命取りです。

(2)元カレ、元カノの意中の相手に直談判

復縁したい相手に交際を始めそうな意中の異性がいると知ったら、心中穏やかではありませんよね。これは当然の気持ちですが、それが高じてその相手に、「私は彼(彼女)と、前に付き合っていたんだけど、あきらめてくれないかな」とか、「あの彼(彼女)は、あなたとは合わないし、性悪だからやめた方がいいよ」など相手の悪口を吹き込むと、当然元恋人の耳にも入り、気味悪がられたり、ドン引きされて悪循環です。

また、元カレ・元カノに、「今、付き合っている相手はあなたに良い相手ではないよ」というようなアドバイスもタブーです。こうなると、復縁から遠ざかるばかりか、元恋人とその意中の人との関係を密にする手助けをしてしまう結果となりがちです。

(3)元カレ、元カノに対してストーカー行為

別れたあの人はどうしているのかな? 元気かな? と、考えてしまうのは仕方のないこと。でも思いが強過ぎて、まだ返していなかった合鍵を使い、元恋人の部屋に入って、チェックするという人がよくいるのです。部屋に入らなくても、ドアノブに相手が好きだった食べ物や飲み物、手作りの料理をぶら下げておく人もいます。

このような行動は、相手がドン引きするので、これは本当に厳禁です。相手から返事がないのにしつこくメールをしたり、電話の連打もタブーです。さりげなさを装って、相手の職場や、行き帰りの道での待ち伏せも気持ち悪がられるので、控えましょう。

(4)先方が既に家庭を持っていたり、強い絆のパートナーがいるのに直談判

あなたと別れた後に、元カレ、元カノに新しいパートナーができてしまい、婚約しそうだ、もしくは結婚したのを知った場合。相手との復縁を願っている人には悲しい現実ですが、潔くあきらめましょう。

いくら愛する元カレ、元カノとやり直したいからと言って、結婚式会場や2次会の会場、結納先、あるいは新居に姿を現し、直談判などは絶対にしてはいけません。まさかと思われる方もいるでしょうけど、このような行動をする人が実際にいるのです。相手の心が離れるばかりか、あなたの品格や人間性が疑われますし、あなたがやったことの噂が広まり、自身の居場所もなくなってしまうかもしれません。


上記の他にも、交際中に恋人以外の男性と体の関係を持ったのを彼に知られてしまったり、交際中に相手にひどいことをたくさんしてストレスを与え、それが相手のトラウマになってしまって、復縁の障害になっているという女性からの相談が増えています。

今回取り上げたNG行動は、交際中に相手を尊重して思いやれば、回避できるレベルです。「覆水盆に返らず」という諺がありますが、取り返しがつかないNG行動は、本当に大切な相手には絶対しないことです。心が痛むでしょうけど、相手に新しいパートナーができた場合は、祝福して見守るというのも、相手に対する真の愛情です。

どうか、これまでの行動を反省して、次の恋愛に生かしてくださいね。

●ライター/Hiroko(復縁成就専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (3)
  • うーん (2)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする