結婚前提で交際している相手が心の病だった場合の対処法

【相談者:20代女性】
山本先生、はじめまして。私には、長く付き合い、お互いに結婚を考えている彼氏がいます。彼とはこれまで、多少のケンカやすれ違いはありましたが、すべて話し合いで解決してきました。私は彼を、時間をかければ論理的に気持ちを話し合える人だと思って信頼していたのです

ところが、最近彼が引っ越し、その引っ越し先で、近隣の人とたびたびトラブルを起こしていると知りました。私が実際に目にしたわけではなく、本人が話す内容だけしか知りませんので、どこまでが真実かはわかりません。

しかし、どうやら近隣の騒音に関してトラブルになっており、彼は自分がうるさいと感じる家に執拗に押しかけ、相当な脅しを行っているようなのです。過激な内容なので具体的には言えませんが、私の認識では、犯罪として問題になっても不思議はないようなやり方です。しかも、対象は1件だけではありません。私の知る限り、短期間の間に少なくとも3件以上の別な家との間で同様のトラブルになっているらしいのです。

私は正直、怖くなっています。引っ越し先にうるさい近隣がいる、ということ自体はありえます。でも、ほぼ同時期にそんなにたくさんの家が騒音を出しまくったりするのでしょうか。彼が神経質なのではないのかと思ってしまいます。しかも、交渉のための手段が脅しというのも納得できません。

彼は私に対して暴言を吐いたり、暴力を振るったりしたことはありません。でも、結婚したら、彼の怒りの矛先が私に向いたりするのでしょうか。山本先生のお考えでは、このような彼と結婚しても大丈夫だと思われますか。

本当に悩んでいるのですが、こんな話を家族や友人にすれば、彼が軽蔑されてしまうと思い、誰にも相談できずにいます。これまで幸せな結婚を夢見て山本先生の記事を楽しみに読ませていただいていたのですが、こんなことになってしまい、今は先生だけが頼りです。どうかお知恵をお貸しください。

qa_a 彼が何らかの心の病を抱えている可能性も。まずは話を聞いてあげましょう。

こんにちは! 結婚相談所で夫をゲットした熱き仲人、結婚相談所きららマリッジ代表・山本結子です。

幸せな結婚を夢見て、私の記事を楽しみに読んでくださっているとのこと、とても嬉しいです。質問者さんの幸せを心から願って回答させていただきます。少しでもお力になれますように。

ご質問内容を読ませていただきまして、私が感じたことは、質問者さんの彼が何らかの心の病を抱えているのではないかということです。今のままの彼と結婚したとしたら、質問者さんは相当なご苦労をなさることになるでしょう。

近隣にトラブルになるほどの騒音を発生させる家が同時に3件も存在するということは通常では考えにくいですし、それらの家に「相当な脅し」を行うというのも常軌を逸しています。このまま放置していると、彼の行動がエスカレートして警察沙汰になるということも考えられます。

130507yamamoto

私の知人Bさんは、心の病を抱えている恋人とお付き合いしています。そして、Bさんの恋人が精神科に通院するきっかけとなった出来事が、今回のご質問のケースに良く似ているのです。

Bさんに、恋人を病院に連れて行くまでの経緯や、注意点を訊いてみました。質問者さんの彼が病院への受診が必要な段階にあるかどうかは判断いたしかねますので、あくまでもご参考までに読んでいただけましたら幸いです。

まずはじっくりと話を聞いてあげる

心の病を抱えている人にとって、家族や友達にできる最大のサポートが、「話を聞いてあげること」だそうです。解決策を提示する必要はありません。Bさんはただじっくり、うなずいて、目を見て、彼の話を聞いてあげたそうです。そして本人が落ち着いたところで初めて専門医への受診を勧めたそうです。

受診の勧め方は?

「悩んでいる気持ちが少しでもラクになるように、相談に行ってみよう」
「つらいことが多くて心が疲れてしまっているみたいだから、これ以上疲れないように病院に行ってみよう」
「あなたが心配だと私も心配でつらいから、一緒に行きましょう」

などの言葉が効果的だったそうです。

受診を勧める際の注意点

「あなたは病気だから」「おかしいから」病院に行ったほうがいい、などの言い方をしてはいけません。また、心配だからといって病院に無理やり連れて行く、嘘をついて連れて行くなどの行為はとても危険です。連れていこうとした人を2度と信じられなくなってしまったり、最悪の場合、精神のバランスを崩して自殺を考えるケースなどもあるそうです。


専門医に受診したことが功を奏し、Bさんの彼はその後徐々に回復に向かっているとのことです。

そして最後に、Bさんから質問者さんに伝えたいことがあるそうですので書かせていただきます。

『彼のことがとても大切で、その大切な人のためにできることは無いかとあれこれ考えているうちに、疲弊しきってしまった時期がありました。そこで彼の家族とも連携を取ることにし、それからは気持ちが軽くなりました。くれぐれも、一人で抱え込もうとすることがないようにしてください』

質問者さんに幸せな未来が訪れますように。心から応援しています。

●ライター/山本結子(お見合い専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする