みんなにモテたいわけじゃなく、彼だけに愛されたい…。
そんな時、一般的なモテ動作を学ぶのではなく、彼だけに寄った方法でアプローチするのが効果的です。

彼のことを理解し、親密な関係になるようにするには、どういう行動をすればよいでしょうか。
今回は、そんな意中の彼だけを射止めるテクニックをご紹介します。

(1)彼の理解者になる

『この女性は自分のことわかっているなとわかると安心感が生まれます』(27歳/人事)

男性に愛されるモテテクはたくさんありますが、彼ひとりにモテたいのであれば、彼の理解者になるのが一番の近道です。

彼の持っているアイテムや、服装、髪型などから、彼の趣味や傾向がなんとなくわかるでしょう。
最初は、見た目でわかることから褒めていきましょう。

スムーズに話せるようになったら、好きな音楽や映画を聞いて、更に彼の内面を理解しましょう。
彼の世界観を知り、理解し、共有できるようになると、彼の一番の理解者になれますよ。

(2)特別扱いする

『なんか他の人といい意味で差を感じると、あれ興味あるのかなと感じます』(22歳/大学生)

ひとりモテのコツは、彼だけ他の男性と違うことをアピールすることです。

最初は、彼にできるだけ話しかけるところからはじめましょう。
徐々に、彼だけに頼るようお願いをしたりするのが効果的。

彼にだけ、誕生日のささやかなプレゼントを用意したり、バレンタインなども、ほかの人と違うものを用意しましょう。

男性は鈍感なので、少しのアプローチでは気づいてくれません。
徐々に間合いをつめていくことが大事です。

ただ、あからさまなぶりっこや、好き好きアピールはまわりから冷やかされるタネになるだけなので、さりげないアプローチが効果的です。

(3)いつでも味方でいる

『つらいとき、そばにいてくれるだけでいい人なんだなと感じます』(33歳/営業)

彼のことを理解し、共感し、そして味方でいると、彼の中であなたがだんだん特別な存在になってくるでしょう。

男性は批判されたり、否定されたり、違う意見を言われることを嫌います。
彼が誰かとモメたり、敵対しているときは、彼の話をきいてあなたが味方になってあげましょう。
彼とさらに親密になるチャンスかもしれません。

(4)彼の話はいつも笑顔で聞く

『彼女の笑顔を見ると元気がでます』(33歳/経理)

男性は自分と一緒にいて、女性が笑ってくれたり、楽しそうにしていると嬉しい気持ちになります。

彼ひとりにモテたい場合、普段よりも笑いの沸点を低めにして、たくさん笑いましょう
笑ったあなたといることで、彼も徐々に自信をつけ、「俺の話で笑ってくれる子」という特別な存在になります。

男性は口下手で恥ずかしがり屋ですが、笑顔をたくさんむけられることは大好きなんです。

彼だけにひとりモテして距離を縮めよう
大好きな彼だけにひとりモテしたい場合、一般的なテクニックよりも、彼だけに寄ったアプローチが必要です。

彼が恥ずかしがらないでいいよう、一人でいるときなんかを狙い、距離を詰めていきましょう。
会話や、ご飯、趣味の共有などを通して彼の理解者になり、特別な存在になりましょう。

(文/恋愛jp編集部)