恋人止まりの相手と、将来を考える相手はどのような違いがあるのでしょうか?
その違いは、一緒にいて幸せな時間が続きそうと思えるかどうかです。
今回は、男が「この子といたら幸せそう」と思う瞬間について紹介していきます。

(1)無言でも平気

『お互いしゃべらなくても、通じ合っているようなきがして不思議です』(35歳/IT)

無言が続くと気まずく感じて、なにか話しかけなくてはと焦ってしまうことありますよね。
恋人関係になったばかりの頃は、誰もが感じる悩みです。

いつも、沈黙が気まずいと思っていると、気を遣って疲れます。
毎回だと、一緒にいることが疲れるなと感じてきます。

無言が平気になるのは、普段からしっかりとコミュニケーションを取っているから。
お互いを信頼しているからこそ、成り立つ関係と言えます。

(2)対等に話し合える

『喧嘩するのにもどちらかが一方的に話すことはありません』(24歳/運送)

どちらかが上位の立場に立ったり、依存していたりすると、対等な関係とは言えません。
どこか他人行儀になり、遠慮した関係となります。
対等に話し合える相手とは、ずっと一緒にいても幸せだろうなと感じます。

相手に自分の意見を押し付けられると、話し合う気力も失われます。
そのような関係が続くと、話し合うことさえも面倒に感じるもの。

対等に話し合えるには、お互いが尊重していることが大前提。
認めていなければ、相手に意見を言うことも、意見を受け入れることもできないからです。

(3)彼を甘えさせるのが上手い

『疲れているところに彼女が受け止めてくれるとすごい安心感が生まれます』(33歳/商社)

いつも気を張って頑張っている男性だからこそ、気を許している彼女には甘えたいもの。
しかし、甘えることは、カッコ良くありたい自分を脱ぎ捨てなければできないので難しく感じます。
そんな彼を上手に甘えさせてくれる彼女は、手放したくない女性です。

甘えさせるのが上手い女性は、聞き上手。
男性もいきなり甘えることはできないので、まずは話を聞いてもらい、徐々に甘えたいという欲求がでます。

もう一つは余裕があること。
疲れていて忙しそうな彼女に、負担は掛けたくないので、甘えたいと思いません。
彼が甘えてくることは、信頼関係があり、より深い関係性が築けています。

(4)いつも笑ってくれる

『嘘みたいですが、自分の彼女はいつも笑って話を聞いてくれます。すごく心地よいです』(20歳/大学生)

いつもイライラして不機嫌、話をしても反応が薄い女性と一緒にいても、楽しくないのだろうと感じます。
男性は、女性が喜んで楽しそうにしていることに、幸せを感じます。
その目安となるのが、彼女がいつも笑っているかどうかです。

自分の話を聞いて笑ってくれる、一緒にバカをして笑ってくれる。
彼女の屈託のない笑顔を見ることで、一緒にいて楽しいと判断します。

また、自分がネガティブな気持ちになっている時も、側で笑ってくれる彼女がいると、頑張る力が沸いてきます。
一緒になってネガティブになる彼女より、笑い飛ばすぐらいの彼女が頼もしいと感じます。

男性が一緒にいたら幸せそうと感じる彼女は、信頼関係が築けている人です。
自分の色々な一面を見せることができ、それを受け入れてくれる彼女は、放したくないと感じるでしょう。
どれもすぐに効果がでるものではありませんが、続けていくことで、特別な彼女となりますよ。

(文/恋愛jp編集部)