落ち込んでる時に彼氏のLINEを見ると元気が湧いてきますよね。
それは彼氏も同じなので、彼氏が落ち込んでいたらLINEで励ましてあげましょう!

男性は照れ屋が多いので素直に喜びませんが、本当は感謝してる場合が多いんですよ。
そこで今回は男性たちに聞いた「彼女からの励ましLINE」に関する話を紹介します。

(1)「私がたくさんギューして、元気にしてあげるね」

『今の彼女とは大学時代の友人が開いた合コンで知り合いました。
看護師をしてる明るい女の子で、僕の方からアプローチして交際が始まりました。

友人は”あんなに積極的なお前をはじめて見た”と驚いてましたね。
一目惚れは始めての経験だったので”なんとしても!”と必死だったんです。

付き合った途端に性格が豹変…なんてこともなく、素敵な女の子でした。
すぐ半同棲みたいな状態になって、”ある問題”以外はすべて順調でした。

ある問題とは、僕の仕事が建設コンサルタントだってことです。
とにかく出張が多くて、とても拘束時間が長い仕事なんですよ。

だから彼女に会えない日が多くて、連絡も取りにくいんです。
楽しい仕事ですから、昔の彼女と付き合ってた頃は苦になりませんでした。

でも今の彼女に会えないのはとにかく苦しくて…。
それでやっと時間ができた時、正直に”寂しい”ってLINEを送るんです。

そうしたら僕を心配して、いつも元気が出ることを言ってくれるんです。
この前なんて”私がたくさんギューして、元気にしてあげるね”と返ってきて。

ほんと、最高の彼女だなって感動しましたよ。
だからこそ会えないのが辛いので、ジレンマですけどね……』(29歳/IT)

(2)「私が今度、その人のこと説教してあげる!」

『彼女がすごく天然系なので、一緒にいると気持ちが安らぐんですよね。
シリアスに思い悩んでる自分がバカらしく思えるっていうか……。

Webデザイナーの仕事ってなにかとストレスが溜まりやすいんですよ。
ディレクターやクライアントからダメ出しを浴びる日々なのでグッタリするんです。

なるべく彼女の前では暗い話題を控えてるんですが、それでもパンクする日があります。
こんなに酷いことを言われたんだ…って延々と彼女に愚痴っちゃって。

そしてハッと気がついて”俺って小さいなぁ”と自己嫌悪に陥ることの繰りかえしです。
だけど彼女は優しくて、そういう僕をいつも優しくフォローしてくれるんです。

つい先日もディレクターに説教されて落ち込んでる俺を必死に励ましてくれました。
”私が今度、その人のこと説教してあげる!”なんて言ってくれて。

設計書をしっかり見てなかった俺のミスが原因なんだけど、嬉しかったなぁ……。
他人のために真剣に怒ってくれるって、絶対に良い子ですよね』(34歳/広告)

以上、男性たちに聞いた「彼女からの励ましLINE」に関する話を紹介しました。

工夫しなくても彼氏を励ましたいという思いを素直に伝えれば彼氏を感動させられます。
それは女性と一緒で弱っている時ほど周囲の優しさが身にしみるからなんですよ。
もし彼氏が落ち込んでたら、励ましLINEで元気づけて二人の愛情を深めましょう!

(文/恋愛jp編集部)