彼女の経験人数が自分より多くてショック! 別れるべき?

【相談者:20代男性】
付き合って2年になる彼女がいます。彼女は19歳で初体験をして、いま22歳で経験人数が8人だと言っていました。僕も同い年で22歳ですが、経験人数は2人です。8人もの男性とそういう事をして、なおかつ、その人数の中には浮気した男も含まれている彼女に、どことなく不信感を覚えて別れたいのですが、ミクノさんはどう思いますか?

qa_a 器から水が溢れるときを待つしかありません。

こんにちは。ミクノです。

今月はこの手の男性からのご質問が多いですね。

これはね、経験人数を正直に男性に言うことで、こうやって別れたいと言う男がいるから、女性はどんどん正直な自己申告をしなくなるわけで、いかんですね。

130427mikuno2

10年サイクルです

とは言うものの、22歳だと彼女の過去の経験に嫉妬したりもしますよね。これはあくまでもぼくの個人的な考えですが、人は初体験から10年くらいは、Hに興味津々で、いろんな経験をしたがります。

16歳で初体験した人は、26~7歳くらいまで、いろんな人としてみたいと思いますし、なんなら3人4人と同時にしてみたいなと思います。

でも10年くらいいろんなHをしてくれば、そのうち飽きてきて、さほど興味を示さなくなります。だって、やっていることはみんな同じだから。同じものをみんな持っており、そこを同じようにこするなりなんなりして快感を得るだけですからね。そりゃあ、サルでも飽きるでしょうよ。

あなたの経験人数だって激増する可能性があるのです

今は彼女の経験人数にこだわっているあなたも、たとえば明日から急にモテはじめて、彼女以外の異性が山のように押しかけてきて、「しよう!」と言われたら、あなただって女性たちとの行為を楽しむと思います。もう体内の液体が枯れるくらいになっても、まだ貪るようにすると思います。

どんなに社会的に立派な人であっても、Hの経験値が浅いと、こうなると、ぼくは思います。

煩悩とともにしっかりと生きてください

よって、彼女もあなたも、19歳で初体験をしたら30歳くらいまで、いろんなHをしたいという強い欲望とともに生きているということです。その欲望を現実的に実行するかしないかは別にしても、煩悩とともに生きるしかありません。

煩悩とともに生きるということは、相手の煩悩も認め許さないといけないということです。

器から水が溢れるとき

30歳くらいまで、煩悩とうまく付き合うことができれば、つきものが落ちるように、30歳を過ぎたらHなどさほどどうでもよくなります。

今は、大学生でありながら、学問のことなどどうでもよく、Hが思考回路の1位になっていると思いますが、30歳を過ぎたあたりから、燃えるようなHよりも貯金が大事に思えてきたり、平和な家庭をつくることが大事に思えてきたり、あろうことか、もう一度大学に入り直して勉強したいと思えてきたりします。

がんばって歳をとってください

これは若いうちにしっかりと煩悩とともに暮らし、相手の煩悩を認め受け入れるということをやっておかないと、こうはなりません。

嫉妬に荒れ狂い、大好きな彼女が不潔に思えて不信感が募ったり、でも彼女のことが好きだったり、気持ちはジェットコースターのようだと思いますが、そういう時期をしっかりと生き抜くことで、どうすべきかが自然と見えてきます。

見えてくれば、彼女に、「なんなら君の浮気相手、ここに呼んできて3人でHする?」とか、平気で言えるようになります。まあ、これもどうかと思いますが、すべてに冷静に対処できるようになるということです。別れを決める前に、よく考えてみてください。

●ライター/ミクノトモ(コミュニケーションデザイン専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (6)
  • うーん (13)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする