彼女なら何かと彼氏のお世話を焼きたいもの。
でも度を過ぎれば「おせっかい」になってしまいます。
そのボーダーラインは一体どこにあるのでしょうか?

(1)彼の部屋を掃除

『ありがたいけど、勝手に物の位置を変えるのはやめてほしい…!ちゃんと共有して』(28歳/広告)

おせっかいレベル★★★☆☆

先に出かけた彼の部屋を掃除……。
一見親切な行為に見えますが、基本的には「おせっかい」に該当します。
自分がいない時に物の配置が変わっていたりすると「あれどこ行った?」という事態を招きます。

「散らかっていると、生活しづらいのでは?」と思うかもしれません。
でも、彼の頭の中には物の位置がインプットされています。
今のままで十分生活しやすいのです。

またもしかしたら、見なければ良かったものを発見してしまうかもしれません。
まさに「知らぬが仏」。

頼まれた場合をのぞいて、勝手に掃除することはやめておきましょう。

(2)勝手に食材を買う

『たくさん買われても消化できないよ…。事前に一言言ってほしい』(26歳/マーケティング)

おせっかいレベル★★★★☆

「彼に手料理を食べさせてあげたい!」
大好きな彼に料理をふるまうのは気合いが入ります。
張り切ってたくさんの食材を買い込んでしまいました。

その結果、大量の料理と使い残しの食材が出ることに。
何も聞いていなかった彼は、
「どーすんのコレ……」と困り顔です。

一体どうするべきだったのか……。

まずは大前提として、彼の了解を得ることです。
彼の部屋のキッチンを使うわけですから、当たり前のことですね。

食材は使い切れる量だけを買うことです。
次に、余った食材や料理は持ち帰ること。
彼が料理をする男性だとしても、平日は外食で済ませることも多いはずです。

彼がひとり暮らしということを考えれば、そのくらいの配慮をしたいものですね。

(3)お金の心配

『僕のお金のことをいちいち心配するのはやめてほしい。ちゃんと稼いでるから!』(26歳/人事)

おせっかいレベル★★★★☆

「彼とはいずれ結婚したい」
将来を考えていると、不安になるのがお金のことです。

「それなりのお給料をもらっているのかな?」
「ちゃんと貯金してるかな?」

聞いてみたいことはたくさんありますよね。
でも男性にとって「お金」の問題はとてもナイーブです。
男のメンツに関わる大問題なのです。

質問の仕方によっては、彼を怒らせたり傷つけてしまうこともあります。
それでも聞いてみたいときは、自分のことを持ち出してみましょう。
「うちの会社給料安くて、あまり貯金できないんだよね……」

すると、彼のお金に対する本音が聞けるかもしれません。
いずれにしても慎重に取り扱いたい話題です。

(4)仕事の心配

『余計な心配だよ。俺の仕事に口を出さないでほしい』(29歳/SE)

おせっかいレベル★★★★★

仕事は男性にとって、生活費を得るだけの手段ではありません。
仕事が充実している。
納得のいく収入を得られている。

これらを男のステータスだと思っている男性も少なくありません。
この2つが満たされているだけで、男性の幸福度はグッと高まります。
いくら彼女と言えども、仕事のことに口出しされるのは屈辱的なことです。

仕事のダメ出しや説教なんて、もってのほか。
「俺の何がわかるんだ!」と大ゲンカに発展してしまうかもしれません。

仕事の話を聞きたいのなら、あくまでポジティブな話題にしましょう。
仕事に対する、彼の熱い一面を垣間見ることができるかもしれません。


どこまでが許される範囲か、判断が難しい部分もあります。
踏み込みすぎてもあまりいいことは無い、と考えておくのが無難でしょう。

たとえ鍵を渡されている関係でも、プライベートを侵食しすぎないこと。
男のプライドに大きく関わる仕事とお金の話は慎重にすること。

この2つは守っておきたいポイントです。

(文/恋愛jp編集部)