遠距離恋愛を乗り越えて婚活を成功させる最新技術

【相談者:30代男性】
先日、男一人でフラリと京都に出かけたときのことです。川辺で一人で食事をしていたときに、散歩中の女性が連れている犬が寄ってきました。それをきっかけに、僕も東京で犬を飼っている話になり意気投合。次に東京に来るとき食事でもしましょうと言って、彼女の連絡先を聞き出すことに成功しました。

何をご相談したいかと言いますと、僕は彼女と結婚したいのです。出会ったばかりでこんなことを言うのは、頭がおかしいと思われるかもしれませんが……。僕はここ数年ずっと婚活中で、何度もお見合いをしてきました。でも、彼女と話したときのように心が弾んだことは一度もありませんでした。一人で勝手に運命を感じている次第です。

彼女に彼氏がいるのかどうかはわかりませんが、独身であることは確認済です。しかし、何より東京と京都の遠距離です。僕に勝機はあるのでしょうか。

qa_a 勝機あり! いまどき東京と京都を「遠距離」とは呼びません♪

こんにちは! 結婚相談所で夫をゲットした熱き仲人、結婚相談所きららマリッジ代表・山本結子です。

ペットの犬が運んできたご縁、とても素敵ですね! 彼女の連絡先をゲットできた勇気に拍手を送ります! あとは行動あるのみです。

130423yamamoto

遠距離交際を実らせたY子さんの話

アドバイスさせていただく前に、先日きららマリッジで成婚した女性(仮にY子さんとしましょう)の話をさせてください。彼女は可愛らしくとても人柄が良い女性で、お見合いを始めるやいなや、4人の男性と交際成立。嬉しい悲鳴を上げることになってしまいました。

いったい誰が運命の伴侶なのかと悩んでいたY子さんなのですが、ほどなく一人の男性に交際相手を絞ることになりました。彼女は宮城県に住んでいましたが、お相手の方は遠く離れた栃木の方でした。もっと近くにお住まいの方もいたのに、彼女は遠距離の男性を選んだのです。

交際相手の彼の素晴らしいところは、フットワークの軽さです。彼女の住む宮城県に足繁く通います。ただし彼はお仕事が忙しい人で、電話で思うように話せない日もありました。そこで、私が彼女に勧めたのが「LINE」です。電話で話せない日はメッセージのやりとりをしてはとアドバイスをしました。

それからの進展は早かったです。「彼と毎日LINEで会話しています」と嬉しい報告を受けてから、わずか1か月。彼女は彼のプロポーズを受け、成婚退会していきました。

遠距離交際を実らせるカギは男性のフットワークの軽さと「LINE」

Y子さんに、彼を選んだ決め手は何かと聞きました。すると、「それはもちろん相性の良さなのですが、彼が毎日連絡をくれたことと、足繁く通ってくれたことが大きいです」という答えが返ってきました。

近くに住んでいても、連絡が滞りがちでは遠くに住んでいるのと同じ。大事なのは物理的な距離よりも心理的な距離なのです。今はその気になれば、日本中ほとんどの場所から日帰りできますからね。それにLINEやFacebookなど、昔は無かった便利なツールも増えています。やる気次第で、どんどん心理的距離を縮めることができるのです。


男性の側が行動力を見せれば、よほどキライな男性でない限り女性はかなりの割合でノッてくるもの。まして、初対面で連絡先を交換するほど意気投合した相手なら尚更です。

彼女に彼氏がいるかどうか? そんなこと気にしないでください。彼よりも心理的距離を縮めれば良いだけのことです。まずは足繁く京都に通ってください。彼女が次に東京に来た時に……なんて悠長なことを言っていたら、どこかの男にかっさらわれますよ!

頑張ってください。心から応援しています!

●ライター/山本結子(お見合い専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (3)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする