短期間ダイエットを成功させる方法と落とし穴

【相談者:20代女性】
去年の夏はジムに行ったり、食事も野菜中心の食事にしたりして6㎏のダイエットに成功しました。彼と海に行った時もビキニを着ても恥ずかしくない体型になっていたのに、去年の秋頃からスウィーツバイキングにハマってしまい、今ではスイーツだけでなく、スナック菓子やファストフードまで食べだしたら止まりません。

自分でも、「このままじゃヤバい」とは思っていたのですが、先日ついに彼氏からも、「お前、最近ヤバくね?」と言われてしまいました。怖くて体重も計ってません。何とかしたいけど毎年繰り返すのも嫌だし……何かいいダイエット法はありますか?

qa_a ダイエットを繰り返さない為には、短期限定はNG!

こんにちは。心理食育インストラクターのSAYURIです。

私はダイエットコンサルティングもさせて頂いているので、同様のご相談をよくされます。毎年、暖かくなり始めるこの時期になると、ダイエットを始め、秋口になるとやめてしまいリバウンドをする。これの繰り返しをされている人が非常に多く、皆さん懲りもせず、「いついつまでに何キロ痩せたいんですけど」と言われますが、ちょっと考えてみてください。

確かに、期限を決めて頑張ることは悪くはないのですが、摂取カロリーが高い上にバランスの悪い食生活をして、しかも運動習慣がない事で太っているのに、一時的にそれを変えて痩せても、目標達成と同時にまた元の生活、いわゆる太る生活に戻ればリバウンドして当たり前なのです。ダイエットは生活習慣が完全に、「太らない生活習慣になる」までがダイエットだと思った方がいいでしょう。

130423sayuri

何kcal摂取したかよりも、何でカロリーを摂取したかを意識しましょう

ダイエットコンサルのクライアント様には食事日記をつけて頂いてますが、朝食代わりにお菓子を食べたり、「今日はケーキを食べたので夕食は我慢!」等の記載をよく見かけます。一見摂取カロリーをしっかり意識出来ているように思う人もいるでしょうが、脂肪や糖質になる物だけを摂りそれをエネルギーとして消費する為のビタミン類が摂れていない為、我慢した甲斐なく体重減少にはつながらなかったりします。

食事はエネルギーになる、糖質・脂質(これは脂肪にもなります)、それをエネルギーに変える為のビタミン・ミネラル、毎日の新陳代謝に欠かせないたんぱく質をバランス良く摂る事が基本中の基本です。ケーキ1個を食べるより、ご飯とお味噌汁、納豆、サラダを食べた方が同じ摂取カロリーでも体に与える影響は全く違ってくるのです。

かと言ってスィーツを絶対食べちゃダメ! と厳しい事をやってしまうとそれがストレスになり後のドカ食いを引き起こしかねないので、最初は1週間に1回とか10日に1回と決めて、スウィーツを食べた日の夕食は炭水化物や油を控えるといいでしょう。

食べる順番は徹底しましょう

例えば、同じ生姜焼き定食を食べたとしても、いきなりご飯とお肉から食べ始めるより、「サラダ→お味噌汁→お肉→ご飯」の順で食べた方が、太りにくく痩せやすいといわれています。これは空腹時にいきなり炭水化物(糖質)を食べると急激に血糖値が上昇し、血液中の過剰な糖質が脂肪に変わってしまうからです。

最初に食物繊維の多い野菜や海藻、キノコ類を食べてから他の物を食べるという習慣を身につけることで、血糖値の急上昇を抑えましょう。

1日7時間は睡眠を取りましょう

「起きていた方が消費カロリーが多いと思って」とダイエットの為に睡眠時間を短くする人もいますが、アメリカのコロンビア大学が8,000人を対象に実施した調査では、睡眠時間が5時間以下の人は7~8時間睡眠をとっている人に比べて73%も太りやすかったという結果が出ています。


いかがでしょうか。今回はさわりの部分をご紹介しましたが、キレイなプロポーションになり、それを維持するためには期間限定ではなく生活習慣自体を変えていくよう努力してみて下さいね。

私の基本方針は最初は緩く始め徐々にレベルを上げそして長く続けること。私自身も22歳で84㎏のMAX体重を記録し、その後生活習慣を改善し、46歳の今でもウエスト58㎝をキープしています。

●ライター/SAYURI(生活心理専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする