長く付き合っていると恋愛感情に関係なく、一緒にいるのが当たり前という感覚になりがちです。
それは男性も同じで、次第に「なんで付き合っているんだろう?」という感覚になってしまいます。

そして「付き合ってる意味」を再認識して幸せを感じる男性もいれば、「別れてもいいか……」と急に愛情が冷める男性もいるのです。

そこで今回は「男が彼女と”付き合ってる意味”を考える瞬間」を紹介します!

(1)クリスマスなどイベントが近づいている時

『少ないバイト代をここまでして使う意味あるのかな?と考えてしまうことが少しあります』(22歳/大学生)

クリスマスなどの大きなイベントが近づいた時に彼氏がいると、恋愛をすることの喜びを実感できますよね!
しかし、そうしたイベントを盛り上げるために色々な準備をしている男性は喜んでばかりではないんです。

彼女の為にイベントが近づくたびに彼女が喜ぶような施設や、雰囲気のよい素敵なお店を探したりと大忙し……。
そのため負担が大きすぎると「こんなに苦労してまで付き合う意味ってあるのかな」と、考えてしまう瞬間があるのです。

そして、1人のクリスマスを思いだして幸福を感じたり、1人の方が気楽に感じてしまい別れを決意したりする場合も……。
ですからイベントの時期に彼氏が疲れている様子だったら、すこし手助けしてあげることが大切です。

(2)あまりデートが楽しくなかった時

『長いこと付き合っているのですが、時々新鮮さが無くてちょっとつまらないんですよね』(30歳/総務)

恋愛をすることの醍醐味といえば、交際相手との楽しいデートですよね。
付き合いたての頃は、素敵なデートスポットや魅力的なお店などを二人で回るだけでも楽しかったと思います。

しかし、「一緒にいるのが当たり前」になると、時間を満喫する喜びが無くなり恋愛の魅力が半減に……。

ですから女性がデートを満喫していても、男性の方があまり楽しめていない場合に付き合っている意味を考えてしまうのです。

そして惰性で付き合っているだけとか、エッチ以外に魅力がないように感じると、途端に気持ちが冷めてしまうことがあります。
だからラブラブな関係を長続きさせるためには、二人で一緒に楽しめるようなデートプランを練る必要があるのです。

(3)お互いにあまり連絡をとらなくなった時

『大学卒業してから、お互い忙しくなってしまって次第に疎遠になっていきました』(24歳/営業)

社会人になると学生時代みたいに、毎日彼氏と会ったり頻繁にデートに出掛けることが難しくなるもの。
多忙でお互いのスケジュールが合わなかったり、仕事の疲れで遊びに行く気力が無かったりすると、二人で会う機会が減っていきます。

そしてお互いにあまり連絡をとらない時期が続くと、付き合ってる意味について考えてしまう男子が多いのです。
さらに彼女に会えなくて寂しくなかったり、友達といる方が楽しいと感じると、「もう別れた方がいいかな」なんて思う場合もあります。

そのため、彼氏に会えない時期が続く場合は、メールやLINEの頻度を増やすなど普段よりも積極的にコミュニケーションをとることが大切なのです。

(4)エッチの相性がわるかった時

『気持ちよくないんですよ。女性はよくても男には結構重要なスキンシップですよね』(35歳/経理)

どんなに大好きな彼氏が相手でもエッチの相性が合うとは限りません。
しかし、体の相性も長く続く秘訣のひとつ。

もちろんエッチだけを目的に付き合うカップルは少ないですから、多少物足りなくてもそれが原因ですぐに別れることはありません。
でも男性は女性よりも性欲が旺盛なので、エッチから得られる充実感が物足りないと女性よりもストレスを感じやすいものです。

そのため、あまりにもエッチの相性が合わずに欲求不満がたまると「付き合っている意味あるかな」と交際に疑問を抱き始めます。
そして彼女がどんなに理想的な容姿や性格を持った女性でも、エッチに満足できないことが理由で別れを決意されたりすることも……。

ですから円満な交際を続けるためには、頑張って彼氏が喜ぶテクニックを身につけることが大切なのです。


クリスマスなどのカップルが盛り上がるイベントを前にしたり、連絡する頻度が減った時に「付き合ってる意味」を考える男性が多いよう……。

そして「1人でも平気かも」「他の女性が彼女でもいいか」と惰性で付き合ってたことに気づいた途端に、彼氏の愛情がガクンと低下するんです。

ですから彼氏との関係を長続きさせるには、こうした時期の前にいつもよりサービスをして惚れ直させることが大切かもしれませんね!

(文/恋愛jp編集部)