カップルになった以上、彼から愛されたいと思いますよね。
お互いに相手を思い合える関係を築いていけるのがベストです。

それでは、どんな女性なら彼に「愛したい…」と思われるのでしょうか。
見ていきましょう。

(1)自分のことを大切にしてくれる

『自分のことを大切にしてくれると、僕も彼女を大切にしなきゃいけないな…と思います』(28歳/広告)

自分を大切にしてくれる人は、自分も相手のことを大切にしたい、と思うものです。
いつも彼のことを考えていて、好きでいる女性は彼からも愛されるのではないでしょうか。

これは、返報性の原理の一つである、「好意の返報性」に当てはまりますね。

それでは、好意の返報性とは何か。
人から好意を受けとったり、親切にしてもらったときに、お返ししたいと思う心理です。

例えば、バレンタインデーやホワイトデーのイベントがそうですね。
義理チョコでも「いつもお世話になっているから」という気持ち。
ホワイトデーのお返しは「チョコレートをもらったから」という心理が働くからです。

思いやりがあって一途に自分のことを愛してくれる女性を裏切れる男性は、そうそういないはず。
まずは相手のことを大切にしましょうね。

(2)受け身じゃない

『受け身が染みついている子と一緒にいるのは疲れちゃいます』(26歳/企画)

女性で多いのが、男性から「~してほしい」と求めて、受け身になりがちですよね。

愛される女性は求めず、自分から与えることを大切にしています。
一つ目でお話した、好意の返報性にあてはまりますよね。

また夜のシチュエーションでも、受け身の女はだんだん飽きられます。
最初は恥ずかしがっている姿が可愛いと思う男性はかなりいるでしょう。
しかし男性も時には女性から攻めてほしい、と思うものです。

恥ずかしがらず好きな彼だからこそ、積極的になってみましょう。

(3)ほど良い距離感を保ってくれる

『1人の時間を楽しめる子と一緒にいたい』(27歳/金融)

女性でも、一人の時間がほしいって思うときありますよね。
男性も友達と遊んだり、趣味に使う時間が必要です。
ずっとあなたに時間を割くことはできないことを覚えておきましょう。

恋人に依存しやすい人は、そんな思いを彼に押し付けてしまいがちです。
重い女になってしまうので、注意してくださいね。
依存度が高いと、男性はあなたの束縛に嫌気が差してくるでしょう。

男性が「愛したい」と思う女性は、お互いの時間に理解のある人。
つまり、程よい距離感を保ってくれる女性のことです。

自立した女性を目指しましょうね。

(4)ポジティブである

『ネガティブな人と一緒にいるとエネルギーを吸い取られるから』(29歳/不動産)

ポジティブ思考な女性は、物事を悲観的に考えません。
ネガティブなことばかり言っている人は一緒にいても楽しくない、とわかっているからです。
発する言葉が愚痴や悪口が多い人と一緒にいると疲れますよね。

ポジティブ女性は、彼が忙しくて会えない時間があっても、プラスにとらえます。
運動をしたり、料理教室に行ったりと自分を磨きます。

すると彼は安心して仕事に集中でき、ひと段落するとあなたのところへ戻ってこられます。
男性は女性に癒しを求めています。
彼を癒すことができれば、あなたとずっと一緒にいたいと強く思うでしょう。


いかがでしたか。
あなたは、愛を求めるネガティブ女になっていませんか?
愛されたいのなら、まずはあなたが変わることが大切です。

(文/恋愛jp編集部)