マイペースな男性と復縁するための3ステップ

【相談者:20代女性】
付き合って8か月目で、彼と別れました。その彼とは地元が同じで、週2回のペースで会っていましたが、時間や約束を守れないルーズな面が気になり、その点を改善してほしいと段々、相手に注意や要求するようになりました。

結局、「俺が悪いけど、簡単に治らない」と、振られてしまいました。別れた後に、荷物を返す約束をしていたので、落ち着いた2週間後に連絡をしてみましたが、返事はありませんでした。私としては復縁をしたいのですが、彼は思ったことを口にするタイプではないので、本心がわかりません。どうしたら良いのでしょうか?

a 相手を受け入れた上で、友達として彼とのつながりを保ち続ける。

復縁成就専門家のHirokoです。

あまり感情を露わにしないマイペースな彼との復縁ですね。まず気になったのが、マイペースで感情を表に出さない彼が、別れを切り出したということ。これはかなりの致命傷かなという印象を受けました。

このタイプの彼は、相手に対してあまり細かく文句をつけないかわりに、自分のテリトリーのようなものを大事に頑なに持っています。ですから、彼の1番譲り難い部分をあなたに指摘し続けられ、その部分を直すことに限界を感じてしまったのだと思います。マイペースで物事を荒立てるのが面倒なはずの彼が別れを切り出したということは、その決意が相当固かったと言えるでしょう。

荷物に関してのレスポンスがないのも、あなたとの別れに躊躇してというより、彼の「マイペース」な性格が、面倒なことを先延ばしにしているように感じます。荷物の件で連絡がないことに、一縷の望みをつないでいるのなら、その望みは期待はずれになると思ったほうが良いでしょう。

130417hiroko

悲観的な話が続いてしまいましたが、復縁の可能性が全くないわけではありません。マイペース男と復縁するにはどうしたら良いか、これまで学んできた心理学的要素や豊富な鑑定経験を元に、具体的なステップをお伝えしましょう。

(1)マイペースな彼の性格を受け入れる

今回の彼のように、「時間に囚われない、自由な生き方を好む」マイペースなタイプは、時間感覚もあまりなく、時間のルーズさはもとより、彼女の誕生日や2人の記念日さえもうっかり失念しがちです。けれども、そのルーズさが愛情に比例するわけではありません。併せて、あなたが気になっていた点を彼が直してくれた場合も、それが愛情の証だとは限りません。

そもそも、時間的感覚において価値観が違う2人なので、ルーズな彼をあなたが受け入れないと、永続的な安定した関係は構築できません。それをあなたは受け入れられるでしょうか? 受け入れられる、あるいは受け入れるよう努力していくというのなら、2に進みましょう。もし受け入れられないのならば、復縁の可能性は低くなります。

(2)友達でいさせてほしいと彼に伝える

彼との関係に区切りやメドをつけるような言動は、あなたから起こしてはいけません。荷物についても、あえて触れずにそのままにしておきましょう。そして、「このまま別れるのは忍びないので、せめて友達の1人でいさせて」と、相手に伝えましょう。

先にも書きましたが、相手はマイペースな男です。短気で感情的な男性とは異なり「俺は別れているつもりだけど、友達のひとりくらいならいいか」くらいにルーズに構えてくれそうです。

パソコンのデータ保存法になぞらえて、一般的によく言われているのは、男は付き合った女性を「名前を付けて1人1人保存」し、女性は男が変わるたびに「上書き保存」するということ。この例からも、別れた彼の心の中には、あなたはとりあえず保存されています。その上にルーズな性格が加味されれば、なおさら友達としていられる可能性は高くなると言っても良いでしょう。

(3)友達としてつながったら、相手を受け入れ、相手に合わせ、2人の時間を楽しむ

彼があなたの申し出を受け入れてくれたなら、地元も同じわけですし、長期戦を覚悟で2人の関係を改めて構築していってください。冒頭や(1)でお知らせしたように、彼の性格を十分に理解をして受け入れ、あなた自身が相手の時間間隔に合わせ、彼といる時間を楽しんで過ごして下さい。


ただし、根本的な性格、時間の価値観などが違う2人は、同性同士でもうまくいかない場合がほとんどです。

あなたが彼と復縁したいわけですから、相手の性格を受け入れ、相手を変えるよりもあなたが彼のために変わるのが、復縁への近道です。頑張ってくださいね。

●ライター/Hiroko(復縁成就専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (2)
  • うーん (2)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする