小顔効果もばっちり…♡男ウケ抜群な「マフラーの巻き方」4選

もう11月ですね。
寒い季節が近づいてきて、マフラーやストールを使っている方も多いのではないでしょうか。
実は、冬のファッションで男性ウケがいいのがマフラーなんです。

今回は、男ウケ抜群な「マフラーの巻き方」について紹介します!
巻き方一つで変わってきますので、参考にご覧ください。

(1)両想い巻き

『うしろにたらす感じの巻き方がいい。シンプル・イズ・ベスト』(29歳/不動産)

両想い巻きって何?と思う方も多いかもしれません。

実は、とても定番の巻き方で、多くの女性がされていると思います。
また、全国の学生に一番人気の巻き方で。

ビジネスウーマンであれば、今の季節はトレンチコートに合わせると、仕事ができる女に見えます。

巻き方はとっても簡単。
ストール巻きの逆で、顔の前で交差させてから後ろに両端をたらします。
両想い巻きは、肩にかけるだけなので、時間がないときでもサッと出来ちゃうのがポイントです。

トレンチコートにプラスして、できる女を演じてみましょう。

(2)クロス巻き

『おしゃれ感が出るクロス巻き推し』(26歳/アパレル)

とても簡単に、アクセントとボリュームをだせるのがクロス巻き。
手の込んだ巻き方に見えるので、スマートに見せることがきます。

服装を問わない巻き方で、シンプルな服装だとアクセントになっておすすめです。
結び目を横や後ろにずらしてもおしゃれですね。

巻き方は、あらかじめ、マフラーの中央で結び目をつくっておきます。
作った結び目を前にして、首に一周まわします。
結び目に、一方の端を通します。
同じように、もう一方の端も通します。
形をととのえて…はい完成!

男性からは、可愛い手の込んだ可愛い結び方だな、と思われること間違いなし。

(3)ニューヨーク巻きぐるぐる巻き(フロントノット)

『首元にぐるぐる巻きになっていて、顔が隠れちゃいそうなくらいがかわいい』(27歳/営業)

もこもこボリュームのあるマフラーを、首にぐるぐると巻いている女の子。
こんな姿に男性はキュンとしてしまうそうです。

また、首元にボリュームがあることで小顔効果も。
アクセントが上に来ることで、首から下もすっきり見せることができます。

重すぎず軽すぎない巻き方は、シンプルな服装に合います。
少しカジュアルな服装が好きな人は、この巻き方で女性らしさをアップすることができます。

巻き方は、マフラーを1周首に巻きします。
首元に少しすきまをつくりつつ、フワっとマフラーを交差させ完成です。
フロントノットを、少し横にずらしたら、サイドノットの出来あがり。

(4)ぐるぐる巻き(バックノット)

『ぐるぐる巻きだけど、前で結んでいる形かな』(29歳/人事)

後ろの結び目がキュートなバックノット。
前から見ると、スッキリした印象に。
後ろ姿に可愛いアクセントをもってくるスタイルです。

学生さんに人気の巻き方ですが、大人になっても色々なファッションに合わせることができます。
いろいろな巻き方がある中でも、若々しい印象を与えるバックノット。
パンツスタイルに合わせても可愛いですね。

フロントノットバージョンを前に持ってくるだけで完成。


マフラーにはいろいろな巻き方がありますね。
自分のスタイルに合う巻き方をいくつか覚えて、男性の萌えスイッチを押してみましょう。
寒い日もおしゃれを楽しみましょうね。

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (4)
  • うーん (6)

恋愛jpをフォローする