量より”質”!?「 愛され上手な女」が送るLINEをのぞき見…!

【相談者:20代女性】
出会いの場で知り合って、男性とLINEを交換するまではいいんですが。
相手となかなかLINEが続きません。
「両想いかな?」と思った男性にも、こんな調子なので、もっとLINEのやり方が上手になりたいです。
なにかいいテクニックがあったら、教えてください。

ただやり取りをするのではなく、楽しくなるようなLINEを心掛けてみて。

ライターの雪見かおるです。
ご相談ありがとうございました。

いまや恋をするうえで欠かせないLINE。
知り合った男性とLINEを交換して、気になる人を少しでもLINEで振り向かせられたら…と、日々アプローチを頑張っている女性も多いでしょう。

しかし、ただ相手とやり取りをするだけでは、特に好意が薄い相手はLINEのやり取りが滞ってしまいがち。
相手に興味を持ってもらうためにLINEをするには、やはりそれなりの意識が必要になってきそうです。

今回は、男性がやり取りするほど気になってしまう、愛され上手なLINEをするコツを考えてみましたので、ご紹介します。

男性が思わず気になってしまうLINEの送り方3つ

(1)相手の意見を肯定し、受け入れる

『自分が最近テニスにハマっていることをメッセで送ったら、「私も社会人サークルでテニスやってますよ」って送ってきてくれて。
そこから彼女とLINEが弾むようになった気がする』(27歳/サービス)

片思いの場合も両想いの場合も、相手の意見を尊重することって、LINE上のやり取りでも大事ですよね。
たとえば相手の仕事、趣味、ハマっているものなど。
相手の話や意見を肯定してあげると、相手は興味を持ってくれることに嬉しさを感じるでしょう。

なかには、興味の抱きにくいものもあるかもしれませんが。
「怖くないですか?」「私ならへっぴり腰になっちゃいそう」と、相手に相談を持ち掛けるように話をすることで、話が盛り上がり、相手の脈アリ度アップに役立ってくるように思います。

(2)親しげに話をする

『俺はムリに話を合わせてくれる子よりも、明るくて、ストレートになんでも聞いてきてくれて、言ってきてくれる子のほうが好き。そのほうが、気が合いそうだと思って、気になるから」(26歳/飲食)

堅苦しくやり取りをしていると、相手も気を遣ってしまい、義務的なやり取りになりがちです。
相手がつい返事を返したくなるLINEをするには、フットワークの軽さが重要。

「〇〇さん、ジャニーズの〇〇に似ていますね」なんて、ちょっとお世辞を交えたり、「じゃあ今度一緒に〇〇行きましょうよ」「絶対ですよ!」と社交辞令ともデートとも捉えられる誘いをしてみたり。

自分がフレンドリーに話しかけられれば、相手もフレンドリーに話しかけてきます。
相手とのLINEをいかに盛り上げられるかは、あなたの腕次第。
相手と楽しくLINEをすることを第一に考えて、フレンドリーにLINEをしてみてください。

(3)タイミングよくLINEをする

『LINEを送るタイミングと、終わるタイミングが絶妙な子は、すごい気になります。
恋愛の仕方を心得ているっていうか、相性がいいかも?とも思うし、賢そうな印象もあるからかな』(27歳/IT)

気持ちのいいLINEをするのには、タイミングも重要。
たとえばあらかじめ相手の仕事、生活スタイルが把握しているのなら、それに合わせてLINEをするとか。
仕事中は避けて、自由時間を狙ってLINEをするとかですね。

相手が送ってくるLINEを観察しながら、適宜リアクションの返事を調節することも大事だと思います。
会話が盛り上がったら、突然電話をかけてみて、お互いのリアクションを楽しむのも、恋ならではの楽しみではないでしょうか。


LINEの送り方ひとつでも、その人の恋愛テクニックが試されるものです。
上手な人は、メッセージのやり取りはもちろん、電話をするタイミングも上手に心得ています。

ぜひ彼のハートを射止められるよう、LINEをうまく駆使しながら、楽しく、ちょっとずる賢くやり取りをしてみてください。

●ライター/雪見かおる(恋愛、LGBT専門ライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (1)

恋愛jpをフォローする