忙しい時でも大丈夫!時短でできる「化粧直しテク」4つ

「化粧直ししたいけど、今はその時間がない」という経験はありませんか?
そんな女子のために、時短でできる化粧直しテクをご紹介します。
時間がないときにささっとできるので、ぜひお試しください。

(1)皮脂はティッシュオフ

『皮脂はとらなきゃいけないものだけど、取り過ぎは注意』(26歳/IT)

時間がたつとともに気になる顔の皮脂。
化粧くずれの原因となる皮脂は、優しくティッシュオフしましょう。

あぶらとり紙は皮脂を吸収しすぎる傾向があります。
皮脂を取りすぎると、皮膚は表面を保護するために、ますます皮脂を分泌します。
結果として、さらに化粧くずれの原因になるため、あぶらとり紙の使用はおすすめしません。

代わりにティッシュを使い、顔の表面をふわっと軽く抑える程度にしましょう。

(2)アイメイクが崩れた時は綿棒が活躍

『困った時の綿棒様!』(24歳/コンサル)

綿棒は、パンダ目になったときのお役立ちアイテムです。
綿棒を使うときは、リップクリームを綿棒の先に塗ると、くずれたメイクがよく落ちます。

メイクには油分が含まれているため、綿棒の先に水をつけただけではなかなか落ちません。
ゴシゴシこすって落とすのは、目の下のくすみの原因にもなるのでNGです。

その点リップには油分が含まれており、メイクとよくなじみます。
そのため綿棒の先につけると、水よりも簡単にメイクが落とせるので便利です。

リップなら、常にポーチの中に入れている人も多いでしょう。
身近なアイテムで、簡単に汚れたメイクを落とせます。

(3)色つきリップを常に携帯

『鏡なしですぐ手直しできるのは大きいです』(30歳/メーカー)

食事や飲み物をとった後は、口紅の色落ちが気になりませんか?
色つきリップはその場でさっと出して使える優秀アイテムです。

口紅よりも色が薄いため、リップ感覚で鏡なしで使用できるのがいいですね。
薄付きなので、きちっと唇の形に沿って描かなくても、色ムラが気になりません。
唇の輪郭よりも内側に使用すると、口紅が落ちたところだけピンポイントで色をのせられます。

時間があれば鏡の前で口紅を塗り直すのがベストですが、時間がないときにはとても重宝するアイテムです。

(4)一石二鳥のアイテムを使う

『ポーチを探す手間が省けるので時短になる』(27歳/エステティシャン)

時短で化粧直しをしたいなら、一石二鳥のアイテムを使うのもおすすめ。
口紅としても使えるチークや、ブラシつきのアイブロウペンシルを使用しましょう。

口紅とチークを別々にポーチに入れると、化粧直しのときに2つのアイテムを探す手間がかかります。
しかし両方に使えるアイテムをひとつ入れておけば、ポーチの中を探す手間が省けるでしょう。

ポーチにメイク道具を入れすぎている場合は、目当てのアイテムを探すのも一苦労です。
一石二鳥のアイテムで、ポーチの中を探す手間を省きませんか?


時間がないときは、化粧直しすら億劫に感じるもの。
時短テクを使って、ささっと化粧を直したいものですね。

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)

恋愛jpをフォローする