”着丈”と”デザイン”が大事!失敗しない「コートの選び方」4選

朝と晩は気温がグッと低くなり、たくさんのショップでもコートのラインナップが増えてきていますね。
冬のマストアイテム、コートは、それなりに価格も高額なので、自分に合ったピッタリの逸品を見つけたいもの!

ここでは、冬に大活躍できる失敗しないコートの選び方をわかりやすくご紹介していきます。

(1)チェスターコート

『チェスターコートは長すぎると個性が強いので、ひざより短めが使いやすい!』(25歳/販売)

ここ2、3年でコートの定番の形となったチェスターコート。
カッコよさや洗練された印象を与え、ツイード素材も多くラインナップされています。

チェスターコートを選ぶ時のポイントは、膝より短い丈!
あまりに長すぎる丈だと、重みが出たり、ちょっぴり古臭い印象を与えてしまいます。

膝より短い丈であれば、どんなボトムもバランス良く着ることができますよ!

(2)Pコート

『大きな襟と、シルエットがPコートのコツ』(27歳/アパレル)

学生にも人気のPコートは、トレンドの大きな襟&縦長シルエットがベスト!
厚手に作られているPコートのシルエットが縦に長いと、身長が低い人でもスラッとした印象に。

大きな襟はフェイスラインを小さく見せるメリットや、温かそうというイメージも湧きます。
流行り廃りのないPコートは、カラーデニムとあわせて外国人風にコーデしましょう!

(3)ウールのコート

『ウールコートは、どんな時代でもOK!何を選んでも間違いなし!』(31歳/医療事務)

品が良く、清楚で上質、温かいなどたくさんのメリットがあるウールのコートは、どんな時代にも選びたい種類!
ウールのコート自体が高級感のあるアイテムなので、フードつきやベルトつき、ノーカラーなどのデザインを選ぶと、カジュアルなコーデにも活用できます。

上質なウールのコートは年単位で長く着られる逸品。
ロング丈やショート丈、カラーやデザインでいくつも揃えてみることもアリです!

(4)ファーつきコート

『トレンド好きなら、ファーコートがイチ押し!全てがファーではなく1、2か所がおすすめ』(27歳/美容師)

どんなブランドからも必ずラインナップされるのが、ファーつきのコート。
袖やフードにファーがついているコートは定番になりつつあり、今のトレンドは、ポケット部分がファーになっているデザイン!

リアルファーにしか見えないエコファーのコートも人気でファーの取り外しができるので春先や秋のはじめにも活用できます。


失敗しないコートの選び方、参考になりましたか?
みんなのお気に入りの逸品を見つければ、寒い冬でもコートを着ることでHAPPYな気分になれること、間違いナシです!

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)

恋愛jpをフォローする