少しは頭を使えよ…!男性が思わず幻滅する「彼女からのスキンシップ」4選

【相談者:20代女性】
私は彼とふたりきりのときは極力スキンシップをしたいタイプです。
でもいつも彼に嫌がられてしまいます。

先日なんて、「ちょっとは状況を考えて」と怒られてしまったのですが、そもそもスキンシップをとるのに状況とか関係あります?
なぜ彼がこんなにも私とのスキンシップを嫌がるのか理解できません。

ひとりよがりのスキンシップは男性を不快にさせるだけのNG行為です。

ご質問ありがとうございます。コラムニストのLISAです。

カップルにとってスキンシップとは愛情を深めるためにも大切な行為。
スキンシップをすることにより、相手の存在をより一層愛おしく思えることもあれば、日常の中でため込んだストレスや不安が解消されることだってあるでしょう。

もちろん男性にとっても大好きな彼女からのスキンシップは嬉しいもの。
とはいえ相談者様の彼もおっしゃる通り、状況次第ではそのスキンシップが逆効果となる場合もあるのです。

そこで今回は男性が幻滅してしまう彼女からのスキンシップを4つご紹介いたします。

(1)疲れているときのスキンシップ

『彼女には申し訳ないなと思うけど、仕事で疲れているときのスキンシップは勘弁してほしい。
気持ちはわかるんだけど、こっちも疲れているから彼女の期待に応えてあげられないし、それでスネた彼女のご機嫌とりをするのも面倒くさいんです』(33歳/営業)

仕事で疲れているときだからこそ、彼女とのスキンシップに癒しを感じる男性もいれば、反対にそのような状態のときは極力放っておいてほしいと感じる男性もいます。

もし彼が後者のタイプである場合は、疲れているときにスキンシップを無理強いすることはやめましょう。
それよりもスキンシップ以外の方法で彼を癒してあげるようにしてみてはどうでしょうか。

(2)他人の目がある場でのスキンシップ

『街中でとか友達の前でイチャイチャを求められるのはちょっと…。
ふたりのときならともかく、他の人の目があるところでスキンシップを強要されるのは男としてつらいです』(20歳/大学生)

彼との仲の良さを他人にアピールしたいと思う女性がいる一方、人前で彼女とイチャイチャすることに抵抗を感じる男性もいます。

そのような男性にとって、街中や友達の前など他人の目がある場でのスキンシップはただ恥じらいを感じるだけの行為。
間違っても周りに人がいる場で彼にスキンシップを強要することはやめましょう。

(3)ルール化されたスキンシップ

『彼女がドラマか何かの影響を受けて、「毎週末に会ったときは必ずハグをする」と勝手な決まりごとを作ったんですけど、そういうルール化された行為って冷めますよね。
あくまでもドラマの中だから良いのであって、同じことを現実でされても全然嬉しくないです』(34歳/Webデザイナー)

ふたりの関係を長続きさせるためにも、ときにはカップル内でルールを決めることも大切です。
しかしスキンシップに関するルールは男性にとってただ重荷となるだけ。

そもそもスキンシップとはふたりで過ごす時間の中で自然に行うもの。
それをルール化されてしまうと男性も途端に気持ちが冷めてしまうのです。

(4)他のカップルと張り合うスキンシップ

『「○○ちゃんの彼氏は自分からハグとかしてくれるよ」と他のカップルと張り合って、彼女がスキンシップをおねだりしてくるんです。
俺とハグしたいんじゃなくて、女友達と張り合いたいからハグしたいだけじゃんって思いましたね』(26歳/販売員)

別の下心があってのスキンシップも、男性が幻滅してしまう行為のひとつです。
特に他のカップルと張り合うなど自己満目的のスキンシップは、彼が彼女から利用されていると感じるだけの行為。

彼にスキンシップを求める際は、そのような下心を一切持たず、純粋な気持ちでお願いするようにしましょう。


本来であれば、愛情を確かめ合うための行為であるカップルのスキンシップ。
しかしそれが彼の気持ちを無視したひとりよがりのスキンシップになってしまうと、愛情を確かめるどころか二人の関係に亀裂が生じてしまうのです。

「最近彼がスキンシップを嫌がる」「スキンシップをすると機嫌が悪くなる」と彼との関係で悩んで女性は、まずスキンシップの仕方を見直してみましょう。

そして彼が本当に望む形のスキンシップをとることができれば、おのずとふたりの関係もより良いものになるはずです。

●ライター/LISA(女ゴコロ専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (4)
  • うーん (0)

恋愛jpをフォローする