もうウンザリだ!男が「結婚する気が0」になる彼女のセリフ4つ

彼との結婚を望んでいるのに、彼から一向に結婚の話が出てこないと、悩んでいるかたは多いですよね。
しかし男性にプレッシャーを与えすぎると、結婚したくないと思われてしまいます。
今回は、男が「結婚する気が0になる」彼女のセリフを、紹介していきます。

(1)「子ども欲しいな」

『でき婚はやだよー。まだ結婚するかも分からないのに子どもの話をするのは筋が違うと思う』(26歳/広告)

結婚のステップを通り越して、いきなり子どもの話をされると、話が急過ぎて、尻込みしてしまいます。
子どもを欲しいかどうかは、結婚話をしてからのことです。
あからさまな、プロポーズ待ちの言葉に、男性は引いてしまいます。

まだ交際が浅い時に言われてしまうと、彼女が結婚を前提にお付き合いしているという温度差に、戸惑います。
また子どもを欲しいかどうか、考えてもいない人にとっては、いきなり現実的なことを突きつけても、どうして良いか分かりません。

女性としては、子どもが欲しいということは、イコール結婚ということになりますが、男性にとっては、そこまで考えが及んでいないことが多いです。

(2)「貯金額いくら?」

『付き合っててもその質問はやだな』(27歳/IT)

結婚したいと考えるには、経済的な問題は気になります。
彼と結婚したいと考えるならば、彼の貯金がどれくらいあるのかも、気になるのは分かります。
しかし、まだ具体的な結婚話が出てきていない時点での、貯金額の確認はプライベートまで踏み込みすぎた質問です。

お金の問題は、男性にとっても結婚を考える上で、プレッシャーになりやすいです。
経済的に安定していないと、なかなか結婚へ踏み切ることができません。
このような質問は、「私を養っていけるだけの貯金はあるの?」と聞かれているような気がします。

現実的な問題なだけに、プレッシャーはかかりやすく、結婚を迷っている男性にしてしまうと、する気がなくなります。

(3)「主婦っていいなぁ」

『逃げる為に結婚するのは嫌です』(29歳/コンサル)

今の職場に不満があり、早く辞めたいと思っていたり、専業主婦に憧れていたりする場合に、つい言葉に出てしまいます。
しかしこれは、男性に養って欲しいと言っているようなものです。
結婚する前から自分に頼る気満々の女性とは結婚する気はなくなるのです。

主婦も家庭の仕事がたくさんあり、大変です。
現状から逃れたい為のセリフに聞こえてしまい、一緒に生活をするというイメージが沸きません。
家族として支え合う気持ちになれず、結婚する気がなくなります。

(4)「親が結婚しろってうるさいの」

『親の名前を出すのは卑怯。意識せざる負えない』(28歳/商社)

第三者の意見として、結婚を迫られてしまうと、男性は逃げてしまいます。
彼女だけではなく、親からも結婚を迫られ、責任に耐えられなくなるのです。
「親からお見合いしろって言われてる」も、この言葉と同じ意味を持ちます。

男性にとって、結婚とはとても責任が重くプレッシャーになる問題です。
経済的にも安定し、自分に自信が持てていないと、なかなか結婚に踏み込めないのです。

親という第三者のプレッシャーをかけてしまえば、もっと責任が重くなり逃げたくなるでしょう。
結婚の意志を確認したいのならば、第三者ではなく自分の意思として確認するほうが良いですね。


男性は、彼女からのあからさまなプロポーズして欲しいアピールを言われると、引いてしまいます。
彼は、結婚を考えていたとしても、彼女からの結婚のプレッシャーに逃げ出してしまうかもしれません。
彼には彼のタイミングがあります。

あまり急かしてしまうのは、逆効果かもしれませんよ。

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (1)

恋愛jpをフォローする