”君”だけを見ていたい…!チャラ男が「マジ恋」をした時の変化4つ

誠実で優しい人とお付き合いがしたいと思っていても、ついついチャラ男を好きになってしまった経験ありませんか?
辛い恋の入り口に立ってしまった思いになります。
しかしチャラ男も、本気の恋愛をします。

今回はチャラ男が「マジ恋」をした時の変化について、紹介していきます。

(1)目を合わせてくれない

『本命の子は目を合わせるのも恥ずかしいです。他の子ならむしろ自分から合わせるのに』(28歳/広告)

チャラ男は、女性と目を合わせることなど、呼吸するのと同じぐらい自然とできます。
これまでの経験を元に、女性と目を合わせたほうが、落とせる可能性が高いと知っています。
少しでも興味のある女性には、積極的に目を合わせるようにします。

そんなチャラ男が、目を合わせてくれないようなら、「マジ恋」している可能性は高いです。
本気の女性には、緊張や恥ずかしさから、目を合わせることができなくなります。
話していて一度も目が合わないような不自然な態度であれば、意識している証拠です。

(2)どこか冷たい

『俺は中学生か…!と思うくらい、本音とは真逆のことをしちゃうんですよね』(27歳/金融)

これまで自分のペースで恋愛を進めてきたチャラ男にとって、本気の相手には、どのように接して良いのか分かりません。
これまでは、自分が楽しくあることをベースに考えてきた、自分中心の恋愛をしてきました。

しかし「ガチ恋」をしてしまうと、相手に嫌われたくないという思いが出てきます。
そうすると相手の気持ちを考えすぎてしまい、対応が上手にできなくなります。
その結果、どこか冷たい対応を取ってしまうのです。

(3)奥手になる

『ナンパの時はどんな罵詈雑言を浴びても平気なのに、好きな人には絶対嫌われたくない』(31歳/商社)

遊びの相手には、すぐに手を出してきたチャラ男ですが、本命の女性には奥手になってしまいます。
本気の女性を大切にしたいという気持ちが出てくるからです。

また軽々しく手を出してしまい、嫌われたくないという気持ちも出てきます。
本気の女性には、遊んでいるとは思われたくないのです。
本気で好きという気持ちを伝えたい為に、チャラ男であるにも関わらず、スキンシップは慎重になります。

(4)褒めると本気で照れる

『好きな人から言われる「かっこいい」は最高です』(27歳/営業)

チャラ男にとって、これまで会話はゲームのようなものです。
いかに、その女性の気分を高め、落とすことが出来るかを、楽しんでいます。
相手の言葉に意味を持たせる必要はなかったのです。

しかし本気の女性の言葉は、一言一句聞き逃したくないと思うようになります。
真剣に会話を楽しみたいという気持ちが生まれるのです。

本気の女性に褒められると、自分が認められたことを感じ、本当に嬉しくなるのです。
これまでも褒められたことはあっても、何も感じなかったのに、認められた嬉しさから、本気で照れてしまいます。


チャラ男は、女性の好む会話をし、女性を楽しませることが上手です。
チャラ男はモテるので、ダメだと分かっていても好きになってしまうことがあります。
しかしチャラ男も「マジ恋」をすると、普通の男の子のように、奥手になります。

もし、チャラ男がこのような仕草をあなたに見せるようなら、あなたとの恋は、本気の恋愛かもしれませんよ。

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (0)

恋愛jpをフォローする