思わず惚れちゃう…!男がコロッと落ちる「女のギャップ」4選

女のギャップは最強ですよね。
うまくギャップを使えば、男性はコロッと落ちてしまします。
今回は、そんな女のギャップについてご紹介します。

(1)いつもと違うファッション

『普段スーツの同僚が社員旅行の時に着てきた私服がワンピースで可愛いなと思いました』(25歳/企画)

お決まりのギャップはこちら。
すぐに取り入れられるギャップですね。

例えば、初対面のときがスーツできっちり着こなしていた印象のとき。
2回目で少しセクシーな服をギャップを見せれば、男性はドキッとしてしまうでしょう。
またはカジュアルなファッションでもギャップを作れるので、いいかもしれません。

反対に、初めて会った時はラフな格好で、2回目に会った時が綺麗めな格好のとき。
男性は「こんなにいい女だったんだ」とドキドキするでしょう。

男性って、単純なギャップでコロッと落ちてしまうものですね。

(2)意外とマナーに詳しい

『普段天然で抜けてる子がマナーに詳しいと「意外としっかりしてるんだな…」とキュンとする』(29歳/コンサル)

マナーに詳しい女性ってとても魅力的ですよね。
マナーの良さを男性に見せることで、素敵な女性だと思わせることができます。

例えば、いつもかしこまった態度ではなく、カジュアルに遊んでいる場合。
いいレストランに行ったときに、食事のマナーがしっかりしていると育ちのよさがでますね。

場所が変われば、あなたの態度や行動も変わること。
それが男性の目には、とても魅力のある女性にうつるでしょう。
臨機応変に自分を上手くみせることが大切です。

(3)実は庶民派

『お嬢様と聞いていた子が普通の居酒屋で飲むのが好きと聞いて、ホッとしたと共に「いいな」と思った』(26歳/飲食)

手の届かない高嶺の花と思っていた女性が、意外と身近な存在に感じるギャップですね。

例えば、お嬢様の雰囲気だった女性。
実はファミレスや居酒屋もいくと聞けば、とても親近感が沸きますよね。
近づきにくい存在だと思っていたときとのギャップは、とても大きいものです。

男性は驚きもありますが、とても嬉しく感じます。
高嶺の花と思っていた存在なのですから。
そんな女性と仲良くなって、もっと知りたいと思うことでしょう。

(4)インドア派かと思ったらアウトドア派だった

『大人しそうな色白な女の子が本当はスポーツ大好きと聞いて、元気なんだな…!と思った』(30歳/IT)

見た目も性格も大人しい女性っていますよね。
休日の日は、家でのんびりしていそうなイメージを勝手にもってしまいます。

ところが実際の趣味がスポーツで、スポーツ観戦もするような女性だったらどうでしょうか。
他にも、車が好きでドライブが趣味という女性だったら?

男性は、すぐに話にのってくるでしょう。
そんな女性となら、同じ趣味で楽しく過ごせそうと思いますよね。
ギャップによって、あなたに近づきたいというスイッチが入るのです。


いかがでしたか。

誰にでもギャップはあるものです。
それを、どこでどう使うかはあなた次第です。
あなたを魅力的に見せるギャップで男性をコロッと落としてしまいましょう。

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (3)
  • うーん (1)

恋愛jpをフォローする