可愛すぎるにゃん…!男がメロメロになる「彼女のぶりっこ」4選!

ぶりっこは女子に嫌われてしまいがちですが、男性は心くすぐられる人が多いようです。
大好きな彼氏だからこそ、可愛い自分を見せたいと思うもの。
彼氏がよろこぶぶりっことはどんなものがあるのでしょう?

(1)好き好きビーム

『大好きと何回も言われたら、可愛くてしょうがない!』(27歳/営業)
女子には嫌われがちなぶりっこ女子ですが、男子には可愛いと思われる率が高いよう。

自分の彼女がぶりっこだった場合、メロメロになるぶりっことは、常に好き好きビームを出すことです。

もちろん人前でベタベタしようというわけではありません。
普段は職場や学校ではしっかりしていても二人きりになると途端に甘えたになり、好き好きビームをだして気持ちを伝える。

自分にしか見せないそのギャップに彼氏の心はキュンとして好き好きビームに打たれることでしょう。

(2)キュン

『危ないので、車道側に行ったら、彼女が「今キュンてしちゃった」と言ってきた。
こっちがキュンとしました』(30歳/人事)

たとえば彼氏と一緒にいたときに、彼氏に対して胸がキュンとすることがあったとき、そのまま言葉に出して伝えるんです。
「キュン」といいながら胸をおさえるだけで、とてもかわいい仕草になります。

想像しただけで、ぶりっこですが、大好きな彼女がすると可愛く見えてしまうから不思議…。
これは相手が彼女であり、二人きりで自分にだけ見せてくれる一面だからこそ効果があるのです。

誰にでも通じるわけではありませんし、男性の中にはぶりっこが嫌いな人もいるのでそこは見極めが肝心!

(3)「~だにゃん」

『会社ではテキパキ仕事をしているのに、飲み会の席でのこと。
飲み会終盤の方で、疲れたにゃんと甘えられたので、そのギャップがよかった』(29歳/不動産)

これはもう奥の手の言葉です。
普段から使っていては呆れられそうな語尾の「~だにゃん」もシチュエーションによっては効果を発揮します。

普段しっかりしている彼女が上機嫌で酔っていて、二人っきりの時に「大好きだにゃん」なんて言おうものなら普段のギャップもあり、彼氏の胸もキュンとすることでしょう。

いつでも語尾に「にゃん」と付けていては効果がないどころかマイナスになってしまう場合もありえますが、男性がされて嫌なぶりっこではないでと思います。

シチュエーションと言うタイミングさえ間違えなければ、彼の心あなたに胸キュンすることでしょう。

(4)ちゅーしなきゃ死んじゃう

『バイトが忙しくてなかなか会えない時期に、ごめんと伝えたところ電話が来て、「構ってくれないから、ちゅーしなきゃ死んじゃう」と言われた。
今すぐにでもしたくなったので、そのまま深夜のバイト終わりに会いに行ってキスした』(22歳/大学生)

ぶりっことは、可愛い自分を最大限に発揮してアピールすることですが、いつでもどこでも誰にでも通じるわけではありません。
中にはぶりっこが嫌いな人もいますし、人それぞれ感じ方は違います。

しかし、ぶりっこな女の子が好きな男子もいるのです。
あなたの彼氏もじつはぶりっこが嫌いではないかもしれません。

「ちゅーしなきゃ死んじゃう」というセリフは人によっては引かれてしまう場合もあるかもしれませんが、自分が大好きな彼女に言われた場合はどうでしょう。

ついつい優しくキスしたくなってしまうかもしれません。

自分にだけ見せる一面だからこそ彼氏の心は惹かれるのです。
誰にでもなく彼氏にだからこそ見せる一面としてのぶりっこであれば、それはきっと嬉しく感じることでしょう。


嫌われるぶりっこと好かれるぶりっこの見極めが肝心です。

女性には態度が違い、男性誰にでもぶりっこするようでは、それは嫌われるぶりっこです。
二人きりの時に彼氏にだけ表現するぶりっこはきっと彼の心もくすぐることでしょう。

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)

恋愛jpをフォローする