誰が”霊長類最強の女”や!男性が考える「復讐が怖そうな女」の特徴4つ

こんにちは。
恋愛心理パティシエのともです。

芸能人でなくとも、浮気や不倫がバレた時は相手から何かしらの制裁が与えられるもの。
特に女性からの逆襲は時には男性が激ヤセしてしまうほど残酷なものに。

そこで万が一に備えて、男性が思う浮気や不倫をした時に逆襲が怖そうだと思う女性の特徴をリサーチ!

.

(1)束縛が激しい

『女からLINEが入ってくるだけで、見つかれば即削除。
毎日俺の行動を聞き、スマホチェックは当たり前のような女は“俺は全て私のもの”という思いこみがすごい。
だからこそそれを裏切った時の反動はハンパないと予想される』(24歳/接客業)

束縛が激しいタイプの女は要注意。
束縛というものは“自分のものにしたい”という欲求からくるものであり、少なからずは皆持っていますが、大半の人は相手の迷惑になりたくない、嫌われたくないという思いから我慢をします。

決してスマホを鍋で煮るようなことは普通の女はしないのです。
しかし、その我慢よりも所有欲求の方が超越した女は、“他の女にとられた”という現実に対してより強く苦しみを感じるため、その報復は恐ろしいものに…。

(2)情緒不安定

『仕事が入って一回デートをドタキャンしただけで大泣きして「私のこと好きじゃないのね」的な電話がかかってきた。
昨日はあんなに楽しそうに電話していたのに…。
浮気とかしたらどんなに怒るんだろう、と想像するだけで怖い』(27歳/会社員)

感情の起伏が激しいタイプも、浮気した時の激情っぷりはすごいのです。
怒っている最中にいる時は周りが全く見えなくなるため、周りを気にしないという強さをいかんなく発揮。

つまり普通は世間体とか、相手の立場になってとかを考慮し少しは冷静になる、ということが全くできず、感情の赴くまま子供のようにその負の感情を相手にぶつけてしまうのです。

公衆の面前で喧嘩しているカップルもその傾向にありますね。
感情をいつも感じたまま直に発散することに何のためらいのない女は気を付けた方がいいでしょう。

(3)経済的に自立している

『経済的に自立している女性は、気が強い。
それに加え、お金も持っているので“お金のために我慢する”という選択肢がない。
浮気した時コテンパに嫌われるまで相手をやっつけられる、というのは経済力のなせる技だ』(32歳/自営業)

意外に経済的に自立している女が、逆襲を泥沼化することも。
こういうタイプは社会でもある程度の成功を収めているため、プライドが高い傾向に。

だからこそ“自分を裏切りやがって…何様のつもりだ”という思考に陥りやすいのも理由の一つ。
また経済的にも自分にも主導権がありますので、男に対して“お金のためにも浮気を許す”という選択肢は皆無。
お金のためには少しは目をつぶろう、と思えることも、自分がお金を持っていれば許す必要性さえゼロというワケ。

(4)友達が多い

『彼氏がいないと一人になる、みたいなネクラタイプの女は浮気してもある程度は許してくれる。
でも友達がたくさんいて彼氏がいなくても孤独を感じない女は、全く許す余地がない。
また相談相手にも困らないため、周囲からの応援もつきやすく“私が正しい”と浮気に対する逆襲もより残酷になる。
そのため友達があまりにも多い女とは俺は付き合わないようにしている…』(25歳/アパレル)

友達が多い女の方が“相手に嫌われたとしても、自分が裏切られたことの辛さを相手にも同じくらい味わわせたい”と思いがち。
友達が少ない女の方が、彼氏がいなくなって一人になることを恐れるため、実は許容範囲が広いのです。

“相手にどんなに嫌われてもいい”と開き直った女はまさに霊長類最強の逆襲マシーンに。

もう目的は関係を修復することではなく“いかに同じぐらい相手を傷つけるか”なので、逆襲劇はひどくなりがち。
また友達が多いと「そんなヤツ、こらしめちゃえ」と他人事のアドバイスに背中を押されるかたちになりますので、歯止めがきかなくなってしまいます。


スタート地点は好きという感情だったハズなのに…。
好かれれば好かれるほど、一方で憎しみも育てている、ということは恐ろしいことでもあります。
なにはともあれ浮気はしない方がいい、ということなのでしょう。

●ライター/とも(恋愛心理パティシエ)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)

恋愛jpをフォローする