バイオハザードかよ…!男性が”妖怪認定”する「メイク崩れ女子」の特徴4つ

男性が”妖怪認定”するメイク崩れ女子はどういった状態なのでしょうか。
可愛くなるために化粧をする
今回は男性が「妖怪認定」するメイクを4つまとめてみました。

(1)アイメイク崩れで目の周辺が真っ黒!

『目の周りが真っ黒すぎて、パンダかと思いました』(26歳/広告)

ブラックなどの濃い色でアイラインをひいたメイクが崩れると、目の周辺が黒く滲んで、男性から妖怪認定されてしまいます。
またアイメイクに気合いを入れるがあまり、マスカラやアイシャドウ、アイラインなどを強くすると、目元周辺が黒くなり、パンダのような顔になってしまいます。
涙を流した時などもメイク崩れで、涙が黒く垂れてくることなどがあります。

男性からはドン引きされること間違いなしです。
アイラインやマスカラが落ちて黒くなってきていると、滲んで妖怪のようになってしまいます。
ナチュラルメイクをなるべく心がけるようにしましょう。

(2)眉毛が消えかかっている!

『彼女が化粧を取るとただのヤンキーになっててビックリしました』(24歳/コンサル)

汗をかいたり、一日の終わりに眉毛が消えかかっていると、メイク崩れ女子として男性から妖怪扱いされてしまいます。
そんな時には、アイブロウコートを塗るだけでもモチがアップして自然な仕上がりになります。
また、3段階眉を習得するようにしましょう。

ペンシルで大体の輪郭を描いて、パウダーで隙間を埋め、リキッドで眉尻を描くと汗をかいても簡単には落ちにくくなります。
眉毛は濃くし過ぎたり、太くし過ぎないためにも、剃り過ぎないようにすることも重要です。
ある程度毛を残して、ナチュラルメイクにするのが、最近の主流です。

(3)ファンデーションの厚塗りはNG!

『お面が剥がれてるようでグロかったです』(26歳/企画)

ファンデーション崩れを起こしていると、顔が崩れた印象になり、妖怪認定されてしまいます。
毛穴やテカリを隠そうとファンデーションとを厚く塗りすぎると、肌になじまなかった部分が崩れやすくなります。
メイクを崩れにくくするメイク崩れの防止テクニックとして、化粧下地を必ず塗るようにしましょう。

肌の土台を整えるのはもちろん、ファンデーションの密着度を高める効果も期待できます。
乾燥肌の方、オイリー肌の方など、肌のタイプに合わせた化粧下地を使用するようにしましょう。

(4)リップ崩れで、歯に口紅が…

『キスをするのをためらう。お歯黒みたいで何だかシュール』(23歳/美容師)

リップ崩れで、歯に口紅がついていると男性に幻滅されがちになります。
男性は、意外と歯に口紅がついているのが嫌いです。
笑った時などに歯が赤くなっていたりすると、”妖怪認定”されてしまいます。

口紅を落としにくくするには下地やリップを塗った後に、軽くティッシュなどで余分な油分を取り除くようにしておきましょう。
仕上げに、パウダーファンデーションなどを唇にのせて、色を定着させるようにして下さい。


いかがでしたか?
男性から可愛く思われようとメイクしたつもりが、妖怪扱いされたらたまりませんね。
メイクのしすぎには気を付けてください。

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)

恋愛jpをフォローする