ポイントは70メートル以内! 片思い中のモテる彼の気を引くコツ

【相談者:10代女性】
私には好きな人がいるのですが、そのひとは同じ学年だけじゃなくて先輩にもモテる人なんです。クラスが離れていて、あまり話す機会が少なく、たまに廊下とかで会うと目が合う程度です。委員会が一緒になった時は、一緒に楽しくやったりしてたのですが、委員会が終わると接点がなくなってしまい、喋る事が出来ないんです。告白したいと思ったんですが、私の周りの友達が彼に告白して、全員が振られてしまっていてどうすればいいのかわかりません。


こんにちは、恋愛コラムニストの内埜さくらです。

彼は同学年だけではなく先輩にもモテる。しかも、相談者さんのお友だちが告白しても全員、フラれている。これはかなりハードルが高いかもしれませんね。

ですが、先に2つだけお伝えさせて下さい。

委員会が終わると接点がなくなり、「しゃべることが出来ない → 接点がなくなる」と決めつけず、チャンスは自分から作り出しましょう!

「私の周りの友達が彼に告白して、全員が振られてしまっていてどうすればいいのかわかりません → お友だちがフラれたからといって、アナタがフラれるとは限りません」。片思い中は苦しいこともあるけれど、ドキドキする弾む心も忘れず大切にしましょう!

130413utino

ちょっと頭の中をポジティブに切り替えてから本題へ。

ご相談内容を拝読する限り、「委員会」という接点がなくなると会話ができなくなるということですから、告白するにはまだ機が熟していないと思われます。

まずは、彼にとって、「気づいたら近くにいる存在」となることを目指すことから始めましょう。ある心理学者の実験では、「恋人に選ぶのは、同じ学校や職場など、70メートル以内にいる人を選ぶ」という結果があります。

相談者さんは学生ですから、70メートル以内と言えば、多くの人が思い浮かぶはず。それは彼にとっても同じで、彼のことを好きな女の子も、その範囲内にいることでしょう。

ですから、もっと近づかないと、彼に、「何となく気づいたら近くにいる。気になる」という存在には昇格できません。ですから、まずは声に出して挨拶することでもいいのです。とにかく毎日、「おはよう」と声をかけるところから始める。それが毎日途切れなく続けば、彼の中にアナタの印象が残るようになります。廊下でたまに目が合う時がチャンスですよ。通学時間帯を合わせてみる、という方法もありです。

挨拶が日課になったら、その後に一言だけ付け加えてみましょう。「今日は暑いね」「今日も部活頑張ってね」「髪型、変えたんだ」「テスト勉強してる?」。短く一言で話しかけられる内容なら何でもかまいません。彼が興味を持っている趣味のことでもいいですよ。事前にノートに書き出しておくと、ばったり会っても緊張しないかもしれませんね。

アプローチをするのは、そのあとから。焦って機が熟していないうちに告白してフラれてしまう、ということがありがちですが、まずは挨拶と短い会話を繰り返して、慣れてきたら会話を少しずつ増やして距離を縮めながら、彼の情報収集を。

・彼に他に好きな子がいるかどうか
・彼は今、恋愛に興味があるかどうか
・恋愛に興味があるのなら、彼の好みのタイプ

手に入れられる限りの情報を集めてください。彼はモテる人のようなので、彼の噂話を耳にしたらメモ、です。


お友だちが全員フラれてしまったということですから、彼は今、「どうしても今すぐ彼女がほしい!」とは思っていないかも。だから、少しずつ距離を縮めていって、チャンスをうかがいましょう。

短い会話ができるようになった状態、もしくは彼が彼女をほしがっている、という情報を聞いたら、すぐに連絡を下さい。そこから先の打開策を、また一緒に考えましょう!

●ライター/内埜さくら(恋愛力アップ専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする