ただの暇つぶし?それとも…!?LINEで「なにしてる?」と送る男性心理4パターン

よく「なにしてる?」と送ってくる男性っていませんか?
彼らはどんな心理で他愛のないLINEを送ってくるのか掴めないですよね。
実はそれ、脈ありサインかもしれません……。

今回はそんなLINEで「なにしてる?」と送る男性心理4パターンを紹介させていただきます。

(1)ただの暇つぶし

『やることなくて暇だと無差別にLINE送っちゃうところはありますね』(25歳/美容師)

本当に暇で、いろんな人に連絡をとっているパターンですね。
連絡のしやすい異性に片っ端からLINEを送り、その時連絡が返ってきた人との会話で時間をつぶしたいだけのケース。
連絡のしやすい人にLINEを送っているわけですから、全くのナシではないと考えられますが、特別な意味はないようです。

なんとなく暇つぶしに送ってくる場合、特別な意味はないので過度な期待は持たないほうが良いです。
しかしせっかく彼からLINEがきているのですから、悲観的にならずに積極的に相手の話を聞きましょう。
嫌いな相手にはLINEなんてそもそも送りません!

彼があなたとの会話を楽しいと思ってくれれば、次回はデートのお誘いの連絡がくるかもしれません。
このLINEをチャンスに変えて、距離をこちらからグッと縮められると良いですね。

(2)興味がある

『どんな子か知りたいときは「なにしてる?」と送ってLINEするキッカケを作ります』(26歳/IT)

相手に興味があり、いろんなことを知りたいときに、LINEで会話を始めるきっかけとして送ってきているパターン。
男性側からの好意がある場合の、脈ありのケースですね。
この場合、相手のテンションも高いですし、男性側は慎重になるため、LINEの文章も丁寧になると考えられます。
その後送られてくる文章の内容や構成、言葉遣い等から判断しましょう。

質問が送られてくるようであれば、あなたに興味がある印です!
こちらからも質問を返し、興味をもっているということを伝えていきましょう。
また、なるべく早く返事を返すことでこちらの好意を伝えられると良いですね。

(3)デートに誘おうと思っている

『デートに誘うためのキッカケ作りです』(27歳/企画)

その時相手が暇であれば、会いたいと思っているパターンです。
「なにしてる?」の返事が「ひましてる」、「時間がある」という内容であれば、この後誘ってみようかな、と考えているパターンもある様子。

LINEのような文章では、お互いを知るのに時間もかかりますし、直接会ったり、話したりすれば速いスピードで相手のことを知れる場合があります。
会ったり、話したりしなければわからないこともあるかもしれません。
どちらにせよ相手からのしっかりとした好意があり、あなたのことを知りたい、時間を共有したい気持ちが伺えるので、期待しても良いと言えるでしょう。

また後日デートに誘うために連絡を取るためのきっかけとして質問してくる場合もありますので、さりげなく相手に自分の予定の空いている日を伝えられるといいですね。

(4)相手が暇だったらいじろうとしている

『無性に人をからかいたくなる時ってありません?』(29歳/金融)

暇つぶしに近いパターンの「いじろうとしている」ケースです。
こちらは友達として付き合っているのか、好きな子をいじめたくなる感覚なのかによって、好意の有無は変わってきますね。
友達として付き合っている場合、本当にただ暇でなにか面白いことないかな~という感覚で連絡してきている可能性が高いです。

あなたのことを面白い友達として、好意はありますが、女性としての好意とは全くの別物でしょう。
いじられキャラの場合、男性との距離感は近くなりすぎるため、恋愛に発展しにくいです。
時にはギャップを見せて、女性として意識させるところから始めましょう。

また、好きな子をいじめる感覚で男性が連絡していきている場合もありますね。
「素直にあなたと話がしたい」ということは伝えてこないかもしれませんが、普段の彼のキャラクターや、仕草、LINEの文章から判断しましょう。


人によって目的は違いますが、少なくとも悪い感情は持っていない様子。
男性の「なにしてる?」からどんな関係に発展させていくかはあなた次第と言えるでしょう。

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (5)
  • うーん (9)

恋愛jpをフォローする