干物女にも効果絶大!? 人を好きになる方法

【相談者:20代女性】
私には今彼氏もいないし、好きな人もいません。というか、実は本気で好きな人ができたことがないんです。過去に付き合った人たちはいますが、その人たちを本気で好きだったのかもわかりません。本気で人を好きになるってどんな感じなんでしょう?

qa_a 嗅覚を刺激して、心の奥底の感情を呼び覚ましましょう。

誰かを好きになるということは、頭で考えて起こることではなく、相手に対して心からわき上がる感情そのもの。自分自身の感情の機微に敏感であれば、自然と自分の中の“好き”という感覚を感じとることができるでしょう。逆に、感受性が抑制されて自分の気持ちがわかりにくい、というのが質問者さんのようなパターンですね。

130411bine

人間の脳には、本能的感情を司る器官である大脳辺縁系があります。そこに直接、刺激を与えるのが嗅覚です。嗅覚と感情は密接につながり、香りによって様々な感情が呼び覚まされることは、脳科学的にも明らかになっています。

人を愛する気持ちをしっかりと感じられるように、芳香療法アロマテラピーで嗅覚を刺激して、自分自身の中に眠る感情を呼び起こしましょう。

ジャスミン

『花の精油の王』と呼ばれるジャスミンの精油は濃厚で、花から抽出されるにも関わらず動物的でセクシーな香りがします。この精油の香り成分は、他人に関心がない状態や、感動が少なく抑揚のない気持ちを解放する働きがあります。周囲の存在に敏感になり、自然と情感的になるので、恋心も芽生えやすくなるでしょう。

でも、激しい感情を呼び起こすのではなく、人間らしい生き生きとした幸福感を与えてくれるのがポイント。ドラマチックに人を愛する気持ちになるというよりも、自然と心が誰かに傾くといったユルさがあります。ストレスも和らげてくれる香りなので、その分気持ちにも余裕ができます。

ジャスミンの精油(正確にはアブソリュート)は、収穫量が少なく採取の手間もかかるので、高価なのが玉にキズ。ただし、使い方は、一日に数回、瓶から直接香りを嗅ぐだけでいいので、少量を手に入れれば元が取れますね。また、クオリティの高いジャスミンティーを飲んでも効果が感じられます。

ローズ

ジャスミンに対して、ローズの精油は『精油の女王』という別名を持ちます。女性らしい愛情の豊かさを導く香りです。『脱・干物オンナ! アロマを使って恋愛力をUPさせよう』の記事も参考にしてください。

いろんな香りを試す

いくつかの精油の香りを試すことで、嗅覚が鋭くなって感受性も高まります。そして、見つけた好きな香りは、自分にとってリラックス効果の高いものなので、自分の気持ちがわからなくなった時や、感情のない乾いた気持ちが続くときに使用するといいですね。

また、特定の人の匂いに本能的に心惹かれることがあります。もし、身近に匂いが気になる人がいたら、興味を持って近づいてみてください。その彼が運命の人だった、なんてこともあったりして。


感覚を研ぎすまして、周囲をよーく見てみてください。もしかしたら、心から好きだと感じる人は、実はすぐそばにいるかもしれませんよ。

●ライター/びねくにこ(ライフスタイル専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (5)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする