永遠に見つめていたい…!「彼女を溺愛する彼氏」がしがちな行動4パターン

女性であれば、一度は彼氏に溺愛されたい!と思ったことがあるのではないでしょうか。
とはいえ彼女を溺愛している男性が、どのように彼女を溺愛するのかはあまり想像できませんよね。
今回は彼女を溺愛する彼氏がしがちな行動をご紹介します。

(1)とにかく目を見つめる

『可愛いので、いくらでも見てられます』(28歳/広告)

とにかく彼女が好きで好きでたまらない男性は、彼女のことをひたすらに見つめ続けるようです。
彼女が「自分の顔に何かついているんじゃないか」と心配になるくらい、お店でもカフェでもどこででも彼女のことをじっと見ていたりするので、彼女としては「少しやめてほしいなあ」なんて思ってしまうこともあるほど。

彼女が話をしている時も、しっかり目を見つめていることが多いようです。
デート中に、スマホを常にいじっている…なんてことは一切ありません。

とにかく大好きな彼女を見つめていたい、そんな気持ちが視線に現れているのですね。

(2)ずっと笑ってる

『好きな人と一緒にいれるのは無上の幸せですから、ずっと笑ってられますね』(27歳/営業)

ずっと笑っている、というのは、男性のわかりやすい「溺愛行動」の一つです。
男性は女子に比べて、些細なことで頻繁に笑ったりはしません。
ですが、相手が溺愛している彼女であった場合は別です。

彼女の話す、くだらない話やオチのない話にも、いっぱい笑ってくれます。
デート中も、ただ2人で歩いているだけなのに、つい笑顔がでてしまう…そんな男性も少なくない様子。
彼女といられることが本当に嬉しい、と思っているからこそ、このように自然と笑顔がこぼれてしまうのかもしれませんね。

(3)デートプランを10個くらい用意している

『彼女のあらゆるニーズに応えるために、ちょっと張り切り過ぎてしまいましたよ!』(25歳/美容師)

男性は基本的に、溺愛している彼女に対してはとことん尽くそうとします。
そして彼女にもっと喜んでほしい、楽しんでほしいと思うばかりについ張り切りすぎてしまうことも。
特に用意周到な彼氏の場合、デートプランを10個くらい用意してくる、なんてこともあるようです。

これは彼女を楽しませたい、という気持ちからだけでなく、男性の方が「彼女と行きたいところ、したいことがありすぎる!」と張り切っている場合も少なくありません。

ここまでされると、「こんなに自分とのデートを楽しみにしてくれていたんだ」「自分を楽しませるためにここまでしてくれたんだ」とつい嬉しくなってしまいますよね。

溺愛されていることを強く感じる瞬間ですね。

(4)些細な心配をしがち

『あんな天使のような子は他にいないので、知らない男に誘惑されてないか心配です……』(26歳/コンサル)

彼女を溺愛している男性は、とにかく彼女のことが大切で仕方がないようです。
そのため、つい些細なことも心配して、ネガティブになる日もあるとか。

職場の飲み会などで、男性のいる場所に行っただけでも勝手に心配してしまったり、デート中にすれ違った男性が彼女のことをチラ見しただけでも、不安に駆られてしまうようです。
溺愛されることはとても幸せなことですが、このような心配を常にされ続けるのは、少し疲れてしまいますよね。

溺愛しているからこその行動ではありますが、彼氏に「そんなに心配しなくて大丈夫だよ」などと日頃から声をかけて安心してもらえるように意識してみましょう。


今回は彼女を溺愛する彼氏がしがちな行動をご紹介しましたが、いかがでしたか?
普段溺愛されている女性は、「あるある!」とどれも頷けたはずです。
自分の彼氏に当てはまっていないか、ぜひチェックしてみてくださいね。

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (26)
  • うーん (22)

恋愛jpをフォローする