やり捨てされてしまう残念な女性に共通すること

【相談者:20代女性】
私は1回だけHして、男の人に捨てられることがよくあります。美人なほうではありません。胸もさほど大きいわけではありません。脚も細いほうではありません。同い年の友だちは、すごく美人ですが、1回だけHというかんじで男性が寄ってこないと言います。男の人は、女性のどこを見て「1回だけ」と思って、そのあと捨てるのですか?

a ハードルが低そう。奥行きがない。これが「1回オンナ」の特徴です。

こんにちは。ミクノです。

男の人は、「この女性、ハードルが低そうだから、とりあえず1回Hしよっ! と言ってみようかな」と思っています。で、Hしたあとに「奥行きを感じられない女性」であれば、ポイします。

130410mikuno

ハードルは高いといいというものでもない

ハードルが低そうという言葉のニュアンスは、多くの女性が瞬時に理解すると思いますので具体的に説明しません。しかしだからと言って、やたらハードルが高くても、今度は男性が言い寄って来ないですよね。このへんのさじ加減は、体験で学ぶしかないのです。

女性のほうが男性に比べてHしやすいわけですから(ヤらせてあげるのは女性のほうである)、学ぶというより、自分がしたいようにやってみて、これ以上1回こっきりのHをすると、自分がダメになるかもしれないというところまで、遊び尽くしてもいいように思います。

往々にして、結婚後、女性はまったく遊べなくなるので、気持ちがしっくりくるところまで、遊ぶといいでしょう。

女性の奥行きってなに?

男性が「1回だけ」と言っていても、2回3回と、関係が続くこともありますよね。1回で捨てられる女性もいます。両者のちがいは、奥行きがあるかないかです。奥行きがない女性とは、たとえばファッション雑誌から抜け出したようなファッションをしており、常に男受けすることはなにかと考えている女性のことです。男からすれば、「行動や考えが読めてしまう」女性のことです。

対して、奥行きがある女性とは、何事にもじぶんの考えをしっかりと持っている女性です。たとえば、親から、「お腹は冷やすものではないから、真夏でも毛糸のパンツを履きなさい」と言われて、それを守っている女性は、やっていることはダサいと男が捉えるかもしれませんが、一貫した自分の主義主張のなかで生きているわけで、こういうのを奥行きと呼んだりもします。

奥行きがある女性のほうが、長いあいだ一緒にいて楽しいと男は思うので、ポイ捨てされづらいのです。


試しに1回Hしてみるというのは、悪いことではないと、ぼくは思います。ただ、奥行きがない薄っぺらい女性であるというのが問題なのです。簡単に言えば、他人の意見に流されず、自分の考え方で生きるといいのですが、まあこういうのも訓練なので、すぐにはできないかもしれませんよね。

毎日、ちょっとずつ頑張りましょう!

たとえば、友だちは蕎麦を食べたいと言っているけれど、あたしはカレーを食べたいと言ってみるとか、そういう細かいことを意識的にやればいいということです。

●ライター/ミクノトモ(コミュニケーションデザイン専門家)

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (24)
  • うーん (65)

注目の記事

恋愛jpをフォローする