彼氏ができて気づいた!フリーだった自分の「非モテポイント」5つ

こんにちは。
恋愛・婚活コンサルタントの菊乃です。

彼氏ができたという方からよく聞く「振り返ったら前の私は彼氏ができなくて当然でした」というお話し。
今彼がいない方は、そこを直したらトントンとうまくいくかもしれませんよ。

(1)外見面

『下着が透けているとか、肩からヒートテックが見えているとか無頓着だった』(25歳/公務員)

『自分なりにちゃんとしていたつもりだけれど今昔の写真を見るとだらしない』(31歳/会社員)

『分かりやすい流行っているブランドの服を買うとかそういうことはやっていてできているつもりだったけれど、髪はボサボサだし靴は汚れてて、バッグの中はグチャグチャでした』(32歳/医療)

『モテそうな服を着ていればモテると思っていたけれど何が似合うか考えていなかったです。前の服は若作り。今はシンプルです。黒やネイビーでも似合っていたらモテる』(28歳/接客)

(2)自立

『実家暮らしで合コンで「なんで実家なの?」と聞かれても「通えるから」とこたえていました。あの質問の意味は「なんで大人なのに実家にいて恥ずかしいと思わないの?」みたいな意味なんですね。あれで自立しているつもりだった自分が恥ずかしい』(25歳/広告)

『自分で決められず母に「この服どう思う?」とかよく親や妹に決めてもらっていたと思います』(31歳/公務員)

『真面目に働いているからいいと思っていたけれどフリーター女性は自立していないですね』(33歳/会社員)

『周りに自立している人がいなかったので自分が普通と思っていました。40代で親の手作り弁当を持ってきている先輩がいましたから』(29歳/会社員)

(3)コミュニケーション

『自分でどうして欲しいか伝えず、察してくれないと「分かってくれない」「この人は合わない」と思っていました。なんてヒドイ…』(32歳/公務員)

『時間関係なくメールを送っていました。友だちからも23時ごろ長文のメールが来て大変なのはわかるけれど人の迷惑を考えられないから彼氏がいないのになと思います。でも数か月前まで同じことを平気でやってました』(24歳/会社員)

『「ありがとう」が少なかったと思います。お礼を言うようになったと同僚に言われましたが、前はやってもらって当たり前だったのかもしれません』(26歳/会社員)

(4)人間関係

『女子会をよくやっていて、休日は彼氏のいない友だちとランチにいったり。合コンも誘ってくれるからつながっていた方が得かなと思っていましたが、ああいう婚活仲間は足の引っ張り合いをしていたと思いました』(31歳/金融)

『「運命の人と付き合いたい」「好きな人と付き合いたい」と思っていてそれはそれでいいと思うのですが、彼氏になりえない男性は無視していました。性格悪いですね。どんな男性にもニコニコ接する女性、気軽に男性と食事に行く女性を「ビッチ」「軽い女」と思っていたのですが、「付き合うならご飯に行ってもいい」なんて重い女と誰も会いたくないですよね』(32歳/教員)

(5)考え方

『彼氏がいる人はたまたま運がいいのだとどこかで思っていて、モテる女性がいるのに不公平だなと思っていたところがあります。でも、モテる女性の努力や気遣いは全く気が付いていなくて。ブスで楽をしているくせに、僻んでました』(26歳/医療)

『アドバイスを聞かず「でも~」と言い訳ばかりだった』(24歳/企画)

『「試しにやってみる」ということができなかった。試しに付き合ってみたらだんだん好きになりました。あの時試してみてよかった』(28歳/会社員)


未来の自分からのアドバイスと思って読んでいただけたら幸いです。

●ライター/菊乃(出会いゼロ女子の恋愛コンサル)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (9)
  • うーん (9)

恋愛jpをフォローする