身勝手すぎる…!浮気カップルの「カレカノへの愚痴LINE」3連発!

浮気相手には、自分の彼や彼女のことを悪く伝えてしまいます。
褒めてしまっては、相手は喜ばないからです。
しかし、別れないところを見ると、結局本命カレ・カノが好きなの?と疑問が残ります。

今回は、浮気カップルの「カレ・カノへの愚痴LINE」を紹介していきます。

(1)「センスのないデートプランばかり」

『女友達の彼への相談を聞いているうちに、そういう関係に……。
彼女のことは前から好きだったので、僕にも彼女がいましたが関係を続けていました。

その日もLINEで愚痴を聞いてあげていたのですが、彼女が「センスのないデートプランばかりで、うんざりする」と送ってきました。
なんだかそれって、本命彼と楽しいデートをしたいって言っているようなものですよね。

彼女は本命の愚痴は言うけど、別れないところをみると、まだ好きなのだと思いました。
その後結局、僕も彼女への罪悪感もあって、関係は解消です』(28歳/広告)

彼女は本命彼のことが好きだけど、寂しさを紛らわす為に、浮気彼と関係を持っていたにすぎないのです。
友達の間であったら聞ける愚痴も、関係が深まると所有欲が出てくるので、本命彼のことばかりLINEしてくる彼女に、嫌気がさしてしまったのでしょう。

(2)「男(女)として見れない」

『彼に彼女がいるのは分かっていたのですが、どうしても彼のことが好きだったので、セカンドになることに。
彼は彼女のことを「もう、女として見れない」とLINEしてきていたので、別れたら私と付き合ってくれると思っていました。

でも彼は彼女の愚痴は言ってくるけど、全然別れないのです。
結局彼は彼女のことが好きで、私を都合のいい女にするために「女として見れない」と言ってきたのだと思い、セカンドから脱出しました』(31歳/美容師)

セカンドはセカンドのままで、なかなか本命になる逆転劇は起きないのです。
きっと彼は彼女と別れたとしても、本命へ昇格することはなかったかもしれません。
早くに気付くことができて良かったですよね。

(3)「もっとお洒落になってほしい」

『お互いパートナーはいるけど、割り切った関係の彼女がいました。
彼女は、自分の彼が『ダサい』といつもLINEしてきていて「もっとお洒落になってほしい」や「○○くんみたいな服を着て欲しい」と送ってきていました。
自分がお洒落だと言われているようで、嬉しくなっていました。

ある日、その浮気彼女が、本命彼とデートしているところを目撃してしまったのです。
本命彼は、僕と同じような格好をしていてビックリしました。

彼女は僕でもなく本命彼氏でもなく、お洒落な人と一緒に歩きたいのだと思いました。
僕は彼のお洒落の見本になっただけのような気がして、なんだか面倒くさくなって、浮気彼女とは別れました』(27歳/企画)

彼が自分の飾り物と思っている女性ですね。
確かに自分の彼や彼女がお洒落であったら、嬉しいですよね。
しかし外見も大事ですが、中身も大事です。
その辺りがちゃんと分かっている人とお付き合いしたいものです。


浮気相手に本命の彼や彼女の話をしてしまうと、お別れする原因になるようです。
確かに、浮気とはいえ、好きでもない人と一緒にいるわけはないので、好意があるからこそ、愚痴は聞きたくないものです。
その前に、浮気をしなくてもいい、本命の彼や彼女を探すほうが先決ですね。

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (24)
  • うーん (42)

恋愛jpをフォローする