思わずブロック……!吐き気を催す男の「キモすぎLINE」のエピソード3つ

男性からの「キモすぎLINE」を貰ったことがある女性も多いのではないでしょうか?
「キモすぎLINE」は、ドン引きしてしまいますよね。
では、男性からどのようなLINEが届いたのでしょうか?

今回は、吐き気を催す男の「キモすぎLINE」を紹介していきます。

(1)赤ちゃん言葉

『会社に、イケメンでクールな先輩がいます。
その先輩とLINE交換をすることができて、舞い上がっていました。
しかし、先輩から来たLINEは、「おちゅかれさまー!」と…。
ちょくちょく赤ちゃん言葉を入れてくるんです。

キモすぎて、ガッツリ引いてしまいましたよ。
イケメンだからこそ、残念…。
私が後輩だから、ノリでしてきたのか、元々赤ちゃん言葉が好きなのか分からないのですが、今ではその先輩からLINEが来るとウンザリしてしまいます。

仕事もできる先輩なのに、残念としかいいようがない」(26歳/広告)

冗談やノリであっても、赤ちゃん言葉を使う男性をキモいと思う女性は多いですよね。
しかも大人が使っていると、ドン引きしてしまいます。
会社の人であれば距離を取るのも難しいので、こちらからは、敬語を使い続けるくらいの対応しかできませんね。

(2)既読スルーに追撃

『会社の飲み会があって、携帯チェックできなかったんです。
飲み会が終わってLINEを見たら、同じ人から何件も入っていて、何かあったのかと…。
そうしたら「おーい」とか「なんで連絡してくれないの?」や「無視するの?」と何連続も送信してあって、マジ怖いと思いました。

それぞれの生活も違うし、彼氏でもないし、特別仲がいい人でもなかったから、ドン引きですよね。
その人は、ブロックしてやりましたよ』(31歳/商社)

未読や既読スルーに、執着心のある男性に女性は恐怖すら感じますよね。
社会人であれば、連絡できない状況になる時もあります。
ましてや彼氏でもない男性にされると、距離を置きたくなってもしょうがありませんね。

(3)プライベートな質問

『先日合コンで知り合った男性。
すごくプライベートな質問をしてくるのです。
「今日何してたの?」とか、『今まで何人の人と付き合ったことあるの?』など、とにかく質問攻め。

適当にかわしていたんだけど「家どこなの?」と聞かれた時には、さすがに怖くなりましたね。
怖いというか、気持ち悪いというか…。
ストーカー気質があるなと思って、返信しないようにしました』(27歳/飲食)

知り合って間もない男性に、事情聴取のような質問攻撃を受けてしまうと、怖くなってしまいます。
住所まで聞かれると気持ち悪くなりますよね。
逆恨みされても怖いので、上手に距離を取ることをオススメします。


気軽にできるからこそ、相手のことを考えずに送ってしまう、痛い男性が出てきます。
楽しいはずのLINEが、開けるのも憂鬱になるような男からのLINEに、ウンザリしてしまいます。
しかし相手の本当の姿を知ることができると思えば、少し気が楽ですよね。

付き合う前に、知って良かったと前向きに考えましょう。

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (4)
  • うーん (1)

恋愛jpをフォローする