心臓に悪すぎる…!彼女から送られた「背筋が凍るLINE」の恐怖エピソード3連発!

ラブラブな会話から激しいケンカに至るまで、LINEを通して様々なやり取りが行われていますよね。
面と向かっては言うのは照れるような愛の告白も、相手が目の前にいないので気軽に言えちゃうことが大きな魅力のひとつです。
とはいえ、気軽に色んなことを言える影響で、知らない間に彼氏を怖がらせるようなLINEを送っている女性も少なくありません。

そこで今回は、『彼女からきた”背筋が凍るLINE”』にまつわるエピソードを皆さんにご紹介します。

(1)「○○ちゃんって誰?」

『彼女とは大学時代のアルバイトで出会ったので、交際7年という長い関係です。
半同棲のような感じで、普段は実家暮らしの彼女が俺のマンションに数日間泊まることも多く、家事の大半を彼女に任せています。
そのため近い将来の結婚を考えていますが、だからこそ「今のうちに遊んでおこう」という意識があってちょくちょく浮気をしています。

大体短い期間で関係が切れますし、自宅には入れないので彼女に浮気の証拠を掴まれたことはありません。
ただ一度だけ、とんでもないミスをしてしまった事があるんです。

浮気相手と勘違いして「○○ちゃん、今週の水曜日空いてる?」と、彼女に向かってLINEを送ってしまったんです。
すぐに「○○ちゃんって誰?」と彼女から返信があって、事態に気づいた途端に背筋が凍りましたね。

とっさに女友達と遊びに行く予定だと言い訳をして、そのあと事情を説明した本当の女友達に口裏を合わせてもらってなんとか彼女に納得してもらいました。
疑い深い彼女も、俺が会わせた女友達が本当に◯◯なのか身分証明書で確認させろとまで言わなかったおかげで助かりました」(28歳/広告)

(2)「今何してるの?どこにいるの?誰といるの?」

『仕事が遅いせいで彼女と会うのが23時以降なんてことがよくあるんだけど、彼女は仕事だけが原因だと思ってなかったみたい。
仕事を言い訳に俺が浮気してると疑ってて、『○○の会社の近く通ったんだけど会える?』みたいなLINEが増え始めたんだ。

仕事の休憩時間にLINEをしてるんで、余裕のある時は「いいよ。東側の通りにあるコンビニ前へ行く」って返すんだけど、「ごめん、ウソ。本当は家にいる」だって。
見張られてるみたいで気分悪いなって思ってたら、どんどん彼女の態度が露骨になっていった。

つい最近なんて「今何してるの?どこにいるの?誰といるの?」と何度も仕事中にLINEを送ってくるもんだから寒気がした。
「そんなに俺のこと信用できないなら別れたら?」って言ったら少しマシになったけど、もう一緒に居てもイラつくだけだし別れようと思ってる」(31歳/コンサル)

(3)「電話してって言ったよね?ねぇ、約束したよね?」

『彼女は会社の先輩なので僕よりも2歳年上で、交際当初から主導権を握られていました。
たまに彼氏というより子分や召使いのように感じることがあったんですが、たまに甘えられたりすると普段とのギャップで可愛く見えるんですよね。
ですから今も交際中なんですが、一度だけ怖くなって別れようかと真剣に悩んだことがあるんです。

彼女は朝寝坊することが多いので、たまにモーニングコールを僕に頼んでくるんです。
面倒ですけど僕はわりあい朝が強い方なので、頼まれたらきちんと電話で起こしていました。

しかしある日彼女が会社に遅刻してしまい、申し訳なさそうに上司に謝罪していました。
僕にモーニングコールを頼めば良かったのに……と思っていたら、すこし後に彼女から

「電話してって言ったよね?ねぇ、約束したよね?」とLINEが来ました。

もちろん僕はそんな約束をしていませんし、携帯やLINEの履歴を見てもそれは明白です。
それで離れた席にいる彼女の方を見ると、すごい剣幕で僕の方を睨んでいました……。

完全に八つ当たりなんですが、こういう力関係で交際を続けても幸せになるのは難しいのかなって気がしています』(26歳/金融)


以上、「彼女からきた”背筋が凍るLINE”」をご紹介しました。

気軽にコミュニケーションを取れるLINEは便利な存在ですが、気軽さゆえに軽はずみなことを言うと彼氏を不安にしたり傷つける可能性があるんですね。
せっかくの愛を育むのに最適なコミュニケーションツールなのに、それが原因で破局したら元も子もありません。

便利なLINEだからこそ、利用するときは慎重になることが大切です。

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (4)
  • うーん (12)

恋愛jpをフォローする